サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

神のためにまとうヴェール 現代エジプトの女性とイスラーム

神のためにまとうヴェール 現代エジプトの女性とイスラーム みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/05/30 12:13

投稿元:ブクログ

ちょっと知れば、もっと身近になる。。。

中央公論新社のPR
「19世紀末、ムスリム女性が衣服や頭髪をヴェールで覆う姿は、社会の後進性の象徴とされ、内外知識人の非難を浴びた。その後、ヴェールを脱がせよう、脱ぎ去ろうという運動が広がっていくが、20世紀後半のエジプトで、多くの女性が自発的にヴェールをまとい始めた。彼女たちはなぜ、またどのようして、ヴェールの着用を選択したのか。多様なメディア資料と宗教関連書に加え、当事者である女性たちの声に耳を傾け、クルアーンの解釈、男性側の思惑、女性たちの思考や葛藤、新たな光を浴びる信仰心をていねいに読み解いていく。現代社会における女性 」

1 件中 1 件~ 1 件を表示