サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

仏像の教科書

仏像の教科書 みんなのレビュー

資格・検定

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

お寺検定仏像3級受験したけれど

2014/09/30 20:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pinkmakumaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

お寺検定仏像3級の公式テキストです。
いずれは2級とかも設定されるのでしょうが、この教科書ちと読みにくい。

なんでかなと考えてみたところ、どうやら統一感がないということに気がついた。
三つの章により、仏像についてのべられているのですが、それぞれのアプローチが微妙に違っているので、同じ事が繰り返されていたりしながら、なんかちょと違う。だから頭の中がスッキリ整理されないのだ。

そのことは、本書の冒頭の「はじめに」というところにきちんと記載されているのですが、

(これより本文記述)
「お寺検定・仏像級」を実施するにあたって、仏像と関わる三方面の方から仏像の実態とその魅力にスポットライトを当てていただきました。
(本文終了)

公式テキストということを考えた場合にもう少しそれぞれの内容をすりあわせてほしかった。それぞれのアプローチに丸投げポン。はい、1冊の本のできあがり。そんな感じがするのだ。

お寺の教科書の初版が間違い探しの本といわれたものよりはましのようですが、もう少し、こう、うまく表現できないけれど、スッキリとわかりやすくまとめてほしかった。

しかたがないので、昔「仏像検定」という検定で紹介されていた参考書を購入して勉強することにした。

今回の検定は「お寺検定の仏像級」だから、「仏像検定」ではないのである。

お寺検定の仏像2級がもし実施されるのであれば、マタマタ何か参考書を探さなくっちゃいけない。こまったな。

でも、このお寺検定ちーとばかり、ちがった意味で難儀な検定だ。出題する側がまだまだ試行錯誤の真っ最中といった感じなのだ。だから、つかみどころがあるようなないような。まあ、宗派やら多様性やら、神仏習合だの、山岳信仰だの、日本において独自に融合された、ごちゃごちゃしたものが、そもそも日本仏教なのだから仕方が無いのかもしれない。そのような状況で「お寺検定」などを行うことはある意味凄いことなのかもしれない。

なんだか、訳のわからないレビューになっちまったな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/22 10:41

投稿元:ブクログ

お寺検定・仏像級公式テキスト。
仏教のシンボルの仏像がもっと面白くなる1冊。

お釈迦様の偉業と思い慕う気持ちから始まった仏像造り。
仏像は、如来、菩薩、明王、天部の4種類。
素材、大きさ、表情、色、さらには、持物、手の形、髪型や衣装などなど
詳しく見ていくと面白い。

如来像や菩薩像を見て、穏やかな気持ちになったり、
明王像を見て、引き締まった気持ちになったりするのもいいかも。
そんな仏像観察が楽しくなる1冊。

2 件中 1 件~ 2 件を表示