サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

hontoレビュー

水曜日の噓つき(幻冬舎ルチル文庫)

水曜日の噓つき みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

よくある設定

2016/10/25 18:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

賭けで好きでもない人をおとそうとするのも。
恋愛に本気になれなかった人が本気になれる相手に出会って一途に恋してしまうのも。

今までに読んだBLでも、そうではなくても、よくある設定ですが、この作品はそれだけではない何かがあります。心理描写が細かくて二人の気持ちの移り変わりがよく伝わりました。

作中に出てくる有名な曲。実はこんな歌詞だったのか、とかそんな意味だったんだなと思いながらしみじみ読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

大ヒット!

2016/02/18 21:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さきん - この投稿者のレビュー一覧を見る

かわいさんは個人的に合う合わないがでかい方なので、購入を考えたのですが、オオアタリー!!面白かった!何気ない日常や会話を丁寧に積み重ねて関係を進める描写は、やっぱりかわいさんならでは。
攻のロクデナシ具合がちょうどいい塩梅です。軽く要領よく生きてる彼が少しずつ格好よくなっていく様子がもう!
本当に素敵な楽しそうなデートをしてて、もっと二人のデートをひたすら読みたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

普通の生活っていいよね

2016/10/05 03:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミント - この投稿者のレビュー一覧を見る

モデルとしてまあまあ人に知れてるイケメンなら、遊んでて、こんな風に適当に暮らしてしまうんだろねという凡人ぶりの椎名と、生まれた環境からちょっと人とは違う不思議な風格の真尋が良い対称で、いい距離の縮まり方、良いカップリング。話が進みにつれて、だんだん真尋に同調してきた所で、一波乱があって、椎名に思い知らせてやれ!と読み手の私も感じてたから、最期の流れは納得で、スッキリ。異国での続編ないかな〜。★3.8

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/22 14:57

投稿元:ブクログ

チャラい大学生が賭けで高嶺の花の年上美人を落として気づいたら本気になってた、王道ストーリー。
こういうのは、かなりツボ。
王道だけどそこはさすがかわいセンセです。二人の心情が丁寧に描かれていて、引き込まれました。

吉見は自分がモテることを当然と思っていて、賭けとはいえ同性で元有名子役で一筋縄ではいかないような真尋相手にも果敢に迫っていくのですが、それ程嫌味に思えなかったのは、自然な形で相手にやさしくできて気持ちよくいられるようにする能力に長けていたからではないかと。あくどい攻じゃなかったのがよかったです。チャラ男をぎゃふんとさせる話は好物ですが、吉見は私的に好感度高くてちょっとかわいそうだったかも。
真尋との恋愛に入るきっかけは最低だったけど…!

一方の真尋は芸能生活のキャリアから周りから経験豊富に思われていて、吉見にもそう見られていると感じると、幻滅されたくなくて演じてしまう健気な性格。初めての恋愛に、吉見に見えないところで戸惑ったり悩んだりしている姿が、とてもかわいかったです。

二人のデートの様子が楽しそうでよかったんだけど、それは後に来る嵐のマエフリとでも言えばいいのでしょうか、幸せがあったからこその切なさが悲痛でした。
でも、軽い人生送ってきた吉見も、演じてばかりだった真尋もそんな苦い思いをして生々しい恋愛を経験して、お子ちゃまから一転して大人びた感じになっていって、二人の魂の成長がほんとにいいなと思えるストーリーでした。

サイモン&ガーファンクルのスカボロー・フェアは、名画「卒業」の曲ですね…大好きです。思わず口ずさんでしまいました。

2015/05/22 18:11

投稿元:ブクログ

攻めが可愛く(ただやってることがろくでもないので最初に引っかかった人はずっとダメかも)受けがいじらしい。受けの本人は素直に生きているのに傍から見ればミステリアスなところもとても素敵でした。

5 件中 1 件~ 5 件を表示