サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

王の花摘み 甘い執着と淫らの籠(シフォン文庫)

王の花摘み 甘い執着と淫らの籠 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍

徹頭徹尾ロマンスに徹したシンプル構造

2016/07/12 14:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

王宮の舞踏会を抜け出した庭園で、木から下りられなくなっていた子猫を助けようとしていたセシリアは、美しい男性に出会う。
フェリクスと名乗った彼と短いひとときを過ごす中で、気が付いたら彼に口づけされていた。
フェリクスに心ときめかすが、彼女を王に取りいらせようとする後見人の叔父の邪魔が入り、その場を後にするセシリア。

後日、花摘みの名目でセシリアの屋敷を訪れた王は、フェリクスその人だった。
セシリアに好意を示す王に、叔父は、幼い弟ケヴィンの命を盾に、王を誘惑しろとセシリアを脅迫してくる。
滞在するフェリクスの寝室を訪れて、衣服を落として彼に情けを請うセシリアを、「あなたも同じなのか」と怒りを露わにしながらも抱くフェリクス。
セシリアを妃候補に迎えると言い置いて、帰城しようとするフェリクスを見送るセシリアを、突然馬上に抱え上げて城に連れ帰ったフェリクスは、彼女を半軟禁状態においてしまう。
フェリクスの怒りと悲しみを身に浴びながら抱かれ、ケヴィンの身を案じながらも、どうすることもできないセシリア。

徹頭徹尾ロマンスに徹したシンプル構造。
語られないフェリクスの心情もよくわかるように描かれているし、セシリアがちょっとうじうじしすぎてじれったい感じもありましたが、それはそれで一本筋が通ってました。
セシリアのセリフやあえぎ声にやたらと「…」ばかり入っているのが目について、鼻についちゃう感じですが、ま、彼女の性格なのでそれも許せるかな。
セシリアが、フェリクスが怒ってばかりいる理由をもっと深く掘り下げて誤解してくれると、もっとジレジレすれ違いが楽しめたのかもしれないです。
エロも情熱的で甘くてきゅんと悪くない感じです。
作者様は、2014年出版のこの作品がデビュー作だそうですが、後の作品が出ていないみたい。
次回作があれば、読んでみたいのにな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

王道系。ラブラブ

2014/09/30 11:35

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

セシリアは社交界デビューしたばかりだった。両親を事故で亡くし弟がわずか5歳で伯爵位を受け継いだため、権力に野心のある叔父が後見人だった。
 セシリアは王宮でひらかれた舞踏会を抜け出し、庭で出会った青年と恋に落ちるが、後々にその青年が若き国王だと知る。叔父は姪のセシリアを王妃にして権力を得ようと幼い弟を人質にしてセシリアに王の夜の相手になれと迫る。脅しに屈したセシリアは王にその身を捧げるが----。

 想い合っているのにすれ違ってしまう、王道です。
 もっと、叔父さんが暗躍してこじれた方が面白かったのでは、とも思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/30 22:40

投稿元:ブクログ

叔父の命令で嫌々出席した舞踏会で、お互いの素性を知らずに出逢ったセシリアと国王のフェリクス。ほんの短い時間しか会っていなかったのに、セシリアに惹かれたフェリクスはセシリアを探し出し、家にやってきます。

この時点でいい感じなのに、余計なチャチャを入れる叔父のおかげで、話はこんがらがってきます。セシリアは王妃の地位なんか望んでいないのにそれを強要され、フェリクスはセシリアが他の女と同じと勘違いしながらもセシリアを嫌いになれず、気持ちはすれ違います。

お互いの苦しい心情がよく出てて、イラストもセシリアの色っぽい感じがよかったです。

3 件中 1 件~ 3 件を表示