サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

本を隠すなら本の中に(創元推理文庫)

本を隠すなら本の中に みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

2014/12/20 21:25

投稿元:ブクログ

20141220
電子書籍にて。

トリシアの私生活はさておき、ミステリ自体はあまり飽きなかった。
みんな男運なさ過ぎ…的な…

2014/08/31 19:28

投稿元:ブクログ

本の町が舞台のライト・ミステリ、シリーズ3作目。
3冊の中で一番よかったです!

専門書店を集めて町おこしをした本の町ストーナム。
トリシア・マイルズは、ミステリ専門書店の店主です。
バツイチ、アラフォーの本の虫で、料理はほとんど出来ない。
前作から半年後の10月。
学生時代のルームメイトのパミーがやってきて2週間居つき、勝手に小切手を切るにいたって、ついに出て行ってもらうことに。
当然の怒りも覚えつつ、追い出すようで罪悪感に駆られてまごまごしてしまう根が優しいトリシアでした。

タイプの違う華やかな姉のアンジェリカも町にやって来て、2作目で料理書専門店を開きました。
3作目では、さらにカフェを開いたところ。書店は信頼できる従業員フラニーに任せて、姉自身はこちらに専念。
料理が好きで上手なのですが、予想より重労働でてんてこ舞いしています。

パミーがアンジェリカの店の裏で事件に。
発見したのは、またしてもトリシア。
たかり屋だったパミーは町のあちこちで、職を探したりもしていたらしい。
今回は、保安官事務所のグラント・ベイカー隊長が担当します。
このベイカーが、なかなかいい男。
パミーのことを思わず調べてまわるトリシアを心配して何かとやりあったりもしますが。
折りしもラスと別れ話になったトリシアと、お似合い?というお楽しみも。

仕事に夢中だったトリシアは、フード・バンクの開所式に出て、ストーナムの町に貧困の問題があることに初めて気づきます。
フリーガンという、まだ食べられるのに捨てられた食べ物を拾って利用する主義の人たちが身近に何人もいたとは。パミーも参加していたという。
自由、無料という意味のフリーと、菜食主義という意味のビーガンを合わせて、大量廃棄に反対する思想の持ち主なんだとか。
確かに大量生産しすぎるのは問題ですが、しかし、ゴミ箱の中に、って‥

大事な店員の老紳士ミスター・エヴァリットが晴れて結婚するのを店でとりこなうというハッピーなエンディング。
猫のミス・マープルも喉を鳴らして見守ります。
ミス・マープルの出番が結構多くて、いかにも猫らしい動きをするのが楽しかったです。
フラニーが野良の子猫を懐かせようと奮闘したり、本物の猫好きとわかりますね。

たま~に日本語の表現としてはピタッとしないところがあるのが残念。意味はわかるので、おそらく誤訳というよりは直訳なのですが。
表紙イラストは可愛くていいですね♪

2014/10/22 12:32

投稿元:ブクログ

図書館で。このシリーズも三作目。
お姉さんが飲食店も開きてんやわんやでスタートです。それにしても精力的なお姉さんだ。

フリーガンという言葉は初めて知りました。確かに今の世の中無駄にされている食料が多いことは知ってはいますが…って感じで。そしてそれを活用するのは良いのですがなんかもっと手はないんだろうか。店屋が処分するモノを交渉でもらうとか。出来ないのかなあ…いろいろな問題が出てきそうですしね。

そしてアンジェリカはボーイフレンドが食事にきているというのに妹が突然訪ねてきたら快く食卓に招いてくれるんだから結構良いお姉ちゃんだと思います。トリシアがあんなに悪く言う理由がよくわからない。まあでもトリシアさんはスノッブですね。アイビーリーグを出た娘が飲食店で働くなんて、なんてセリフにその辺りがちょっと出てますな。そして確かに捜査は保安官に任せようよ(笑)それで嫌な思いをしたことを覚えていないのだろうか?人間関係もずいぶん悪くしたのに。その辺りも考えると第三者に任せた方が後々良いと思うんだけどな~

アメリカという国の貧富の差、ということが結構浮き彫りになる話でした。最低賃金より多く支払っても副業が無いと生きていけないコックさんとか。厳しいですね、実際。雇用者も大変だとは思います、ハイ。

2014/07/28 07:56

投稿元:ブクログ

大学時代のルームメート・パミーを追い出したトリシア。姉のアンジェリカの店で働き始めた日に何者かに殺害されたパミー。財団の経営者ペイジと接触しようとしていたパミー。トリシアの元にかかってくる「日記を渡せ」との電話。ギニーの悩み。

2014/08/29 06:53

投稿元:ブクログ

献本でいただいた1冊、シリーズ3冊目、、
らしいのですが、私が読むのはこちらがお初。

主人公は、ミステリー専門の古書店を経営する“トリシア”という女性。
舞台となるのは、アメリカはニューハンプシャー州“ストーナム”。

古書と専門書の書店が集まる読書家の聖地という設定の田舎町です。
ちなみにトリシアの姉・アンジェリカは料理の専門書店を経営。

とまぁ、これを聞いただけでも訪れたくなるような場所なのですが、、

物語は、2週間前にトリシアのもとに転がり込んできた、
かつてのルームメート“パミー”を追い出すところから、始まります。

そして、そのパミー、気づいたら姉の店の従業員になっていたのですが、、
雇われてからわずか1時間後に、ダンプスター(ごみ箱)の中で死体で見つかります。

追い出した手前、いろいろと気に病んでいたトリシアですが、
そんな彼女のもとに「日記を返せ」との脅迫電話がかかってくることに。

町に来て日も浅く、殺されるような理由も無さそうなパミー、
ですが実際に彼女は死に、トリシア達も巻き込まれていきます。

キーワードになるのは“日記”、“フリーガン”、そして“貧困”。

本作、ライトミステリと銘うってはいるものの、
アメリカの社会問題にまで突っ込んだ内容になっているのかな。

フリーガンという思想?は初めて聞きましたが、
やっていることにはどうしても嫌悪感しか残りませんでした。

モノを大切にという発想は理解も納得もできるのですが、
それがどうして“ゴミ漁り”につながるのかが、何とも不思議で。

貧困問題とも密接に紐付いてしまうその現実と、
どう向きあっていくのだろうか、なんて風にも。

そんな問題とは別に、物語自体はなんというか、、
2時間ドラマのようなノリで進んでいきます。

恋人との別れ、新しい出会い、姉との小競り合い、
そして、そんな日常生活の合間に忍び込んでくる、殺人事件のエッセンス。

主人公のトリシアは40前後、離婚経験があり、
前々からの夢であった古書店の経営を始めたばかり、、

どこか親近感を持って読めたのは、
自分の抱える状況との共通点も多いからかもしれません。

肩肘はらずにさらっと読める、そんな一冊でした。

2014/09/19 00:05

投稿元:ブクログ

長っ尻の古い友人を追い出したら殺されてしまったでござるの巻。

トリシア何様?
ミステリだのコージーだのよりもトリシアの唯我独尊な行動が鼻について仕方がなかった。
このシリーズ、もう読まないかも。

2014/10/22 14:53

投稿元:ブクログ

コージーシリーズの3作目。
1作目が出た時、おお、本屋ミステリーなら面白そう、と思いきや、あまりレビューが良くなかったので、買い控えていたのだな。それがなんで3作目だけ買うことになったかというと、ぶっちゃけ間違えちまっただけなんだ……新シリーズかと思っただけなんだ……

で、読んでみて、うん、典型的なコージーという印象。登場人物の背景や設定も、起こる事件の内容も、警察の捜査に首を突っ込む性格まで。安心して読める面白さはあって良かったな。
特にほかのコージーと比べて惹かれたというわけではないので、ほかの本を買うかどうかは微妙なところ。

7 件中 1 件~ 7 件を表示