サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

hontoレビュー

大いなる眠り(ハヤカワ・ミステリ文庫)

大いなる眠り みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
29 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

やれやれ

2016/03/29 07:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽこ仮面 - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上春樹作品の原点がここにあると言っても過言ではないでしょう。活き活きとしたキャラクターが大いなる比喩の嵐のなかで活躍してくれて読み応え満点です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『大いなる眠り』と『長いお別れ』

2015/10/28 17:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saihikarunogo - この投稿者のレビュー一覧を見る

『大いなる眠り』は『長いお別れ』と対になっている感じがする。どちらも、「死」を連想させるタイトルだし、探偵の友となる人物の置かれた構図が似ている。偉大な父親と、美しく放埓な娘二人、父親がひょっとしたら娘よりも好意や愛情を持っているかもしれない、娘婿。その娘婿が姿を消す。『大いなる眠り』では偉大な父親が探偵の友となり、『長いお別れ』では娘婿が探偵の友となった。『大いなる眠り』では最初から最後まで、娘婿とマーロウが出会うことはなく、『長いお別れ』ではマーロウは偉大なる父親とも会って話している。
『大いなる眠り』では、将軍の娘が、自分の夫を探すように依頼されたのかと、マーロウに問いただす。他にも何人もの人から同じ質問をされる。そうまでされたら、マーロウでなくても、気になるところだ。彼の失踪にどんな意味があるのか、あるいはなぜ将軍は彼の捜索をマーロウに依頼しなかったのか。
『大いなる眠り』では、マーロウは将軍との友情を守るために、将軍を安らかに「大いなる眠り」につかせるために、頼まれた以上の仕事をした。『長いお別れ』では、友とほんとうの「長いお別れ」をするために、頼まれてもいない仕事までした、と言えるだろう。
村上春樹訳で『大いなる眠り』を読んだので、小説の冒頭、マーロウが将軍と温室で初めて出会う場面では、村上春樹の『1Q84』のヒロイン青豆が柳屋敷の夫人と温室で会う場面を思い出した。確かに村上春樹はレイモンド=チャンドラーの影響を受けている、とニヤリとした。
フィリップ=マーロウが活躍している時代は、第二次世界大戦前から戦後にかけての、10年ほどの間だ。『大いなる眠り』よりも後の時代の話となる『湖中の女』には、歩道のラバー・ブロックが政府に供出するためにはがされる場面が最初に出てきて、アメリカ合衆国にもそういうことがあったのか、と思う。しかし、同じ時代の日本と比べ物にならないぐらいに豊かで、供出といっても、日常生活に影響を与えるほどではない。日本と戦争していたときのアメリカでマーロウが依頼を受けた大金持ちはこんなふうに暮らしていた、などと思うと、彼我の差に茫然とする。
マーロウが、警察でも、ギャングでも、相手の言葉や行動から、裏に隠された事実を洞察する力に感心する。マーロウの魅力は、口を開けばへらず口をたたく、その皮肉の鋭さと、みかけが丁寧であるか否かに関わらず本質的に紳士的な態度と、友情の篤さ。恩義があるとか世話になったとかじゃなく、『大いなる眠り』でも『長いお別れ』でも、何かちょっとしたことで人間的に共感を覚えた、そのささやかな絆を命がけで守り抜く頑固さ、強靭さ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/13 19:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/27 00:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/07 06:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/29 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/17 10:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/09 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/15 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/22 14:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/06 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/25 12:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/03 10:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/20 10:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/24 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

29 件中 1 件~ 15 件を表示