サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

溝鼠 最終章(徳間文庫)

溝鼠 最終章 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/01/18 12:33

投稿元:ブクログ

全作品読破を自らに課している新堂冬樹大先生の作品で、さらにあの?「溝鼠シリーズ」の最終章ということなので、もう読まないわけにはいかないわけです。

幸いというか何というか、一冊読み終えるのにたいした時間はかかりません。グロテスクなシーンは気持ち悪いので、目を細めながら飛ばし読み。ていうか、持ち味のグロテスクさすら、今やあっさりしてきた感は否めません。

さらに、作を追うごとに小さくなる物語のスケール、広がらない世界観、なんじゃそら的なオチないオチ…。読み終えても何の余韻も残さない、ある意味ドSなエンディングです(笑)

でも、そんな新堂作品が愛しくてしかたない今日この頃。

いつかまたあの才能が再び戻ってくることを密かに願いつつ、次回作を楽しみにしたいと思います。

2014/09/08 09:28

投稿元:ブクログ

私の読書ライフにおけるguilty pleasureといえば黒新堂。笑 中でも「溝鼠」はいろいろ強烈で、その最終章ということで期待して読んでみた。残念ながらパワーダウンは否めず、特に内容の薄っぺらさが気になった。ただキャラクター達の変態ぶりは健在で相変わらず笑わされてしまう。

2014/08/27 13:09

投稿元:ブクログ

相変わらずトコトンまでにエグい、シリーズ最終章となる第3弾。

正直、前2作と比べると、グレードはかなり下がってしまっています。主人公の品性下劣でエグさ極まる性格は健在ですが、ただPart2よりも強烈な敵が出てこないので、毎度おなじみの、というだけで終わってしまってる感じです。
まあ仕方が無いのかも知れませんが、ムリヤリ完結させようとして、”ありがちな設定(実は腹違いの兄弟姉妹がいた、実は死んだ仇には双子の片割れがいた、等)” を捻り出してきたというところが、期待外れも甚だしい。

これで完結するのがいいのか悪いのか分かりませんが、前2作の衝撃度はもう望むべくも無いんでしょうけども、それでもこの作者さんの次回作には興味を強く惹かれるのだから、やっぱり侮れませんw

3 件中 1 件~ 3 件を表示