サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

マダム・プティ 4 (花とゆめCOMICS)(花とゆめコミックス)

マダム・プティ 4 (花とゆめCOMICS) みんなのレビュー

  • 高尾 滋 (著)
  • 税込価格:4634pt
  • 出版社:白泉社
  • 発売日:2014/07/18
  • 発送可能日:24時間

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

2014/07/25 19:22

投稿元:ブクログ

じわじわ近づく二人の距離。二人の不思議な関係につける名前はなんだろう。個人的には「戦友」があうような気がする。早く恋に発展するのがみたい。まだ起承転結の承くらいだろうと思うので、面白いのはたぶんこれから。期待しています。

2014/08/15 16:45

投稿元:ブクログ

ニーラムの意外な一面が面白くて可愛いかった4巻。メイド姿に怪談嫌い。今までとのギャップに「この愛い奴め」と思ってしまった(笑)ニーラムが兄への復讐を果たそうとしたのを力づくで止めた万里子。その後、変わり者のパリジェンヌ・リディに助けられた2人はリディの別邸で過ごすことになるのだけれど、そこでもひと悶着あったり。価値観の違いを思い知る4巻。それでも、万里子はニーラムのことを知った上で彼を止めるか決めたいと望む。「自分を止めてほしい」と望みながらも復讐に突き進むしかないニーラムを追いかけるため、万里子は彼の後を追う。続きが非常に気になる展開なので早く発売してほしい(笑)

2014/07/24 00:16

投稿元:ブクログ

価値観の違いは考えの違いを生む、というのをつくづく思い知らされた本巻。
同じ日本人でも分かり合えないのに外国人とはもっと大変だろうと思う。
千夜一夜物語が出て来たのは嬉しかったです

2014/08/19 08:16

投稿元:ブクログ

ニーラムが幽霊を怖がるとは意外でした。
彼の回想からお兄さんを慕っている気持ちが伝わってくるだけに、
円満とはいかなくても、殺意は消えて欲しいです。
万里子がどの様に行動するのか、楽しみです!

2014/07/20 02:05

投稿元:ブクログ

ああ~~~~ニーラム~~~~~~~
十九歳だったのね、ああ~~~
聡く悲壮で褐色で黒髪でおばけこわくてわたしをどうしたいのか・・・。

2014/08/16 00:44

投稿元:ブクログ

和と洋との融合の世界観が素敵。
まりこは、いじらしい。いい子。
しゅん様が自分の中では既に空気&なんとなくモブ顔に見える。
ニーラムの折りヅルの祈りが切なすぎる。続きがでるの遅いな(ノД`)くうー、気になるよ

2014/07/25 00:18

投稿元:ブクログ

ニーラム……おま、意外と可愛い奴じゃないですか~~~~~と悶えながら読了。

まっすぐなまりこと正面衝突ではっけよいする二人が微笑ましいです。微笑ましいばかりではない事情を抱えているところもあって次巻がますます楽しみです。

2015/01/07 09:16

投稿元:ブクログ

1920年代のパリ。
婚約者に去られた万里子に何かと縁のあるインド人青年・ニーラムは、藩王国の第二王子だった──!
母の仇である実兄・パドマを殺すというニーラムを止めようとした万里子は、共に訪れた屋敷で火事に巻き込まれて…!?

2014/07/18 23:37

投稿元:ブクログ

なんかとっても行き当たりばったりなんだけど、知り合いの知り合いに拾われてどうにかなったり、万里子とニーラムは強運すぎるだろう…。
しかし万里子の強かさと健気さはこの巻でも健在である。どこまでが夫(…と言っていいのか)のしつけで、どこからが彼女自身の持つしたたかさなのか、ふと気になった。

9 件中 1 件~ 9 件を表示