サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

hontoレビュー

ぼっちマン 1 (角川コミックス・エース)(角川コミックス・エース)

ぼっちマン 1 (角川コミックス・エース) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2016/07/08 16:27

投稿元:ブクログ

幽霊の見える引きこもりを残して世界崩壊、世界崩壊に月が関係しているなどのごく基本的な設定の時点では期待した。
絵柄も好み。

しかし物語が始まると、色んなテンプレ要素がテンポ度外視でやたらと注ぎ込まれてくる。
新しい状況がこれ見よがしに現れ、そのくせ中途半端にしか表現・解決しないまま次の状況に移行する。この繰り返し。疲れるし、非常に安っぽい。よくあるダメな同人誌のようだ。

陰謀、月、幽霊、超常的な戦闘、亜人間、萌え、引きこもり、いじめられっ子時代の人間関係、監禁、人体実験、憑依、驚異的な治癒能力、孤独、叶うことのない夢、反体制勢力、オーバーテクノロジー、等々。

要素としては引きの強いものばかり。
だからこそ、きちんと描かれていないせいで無個性な、拝借の塊のような作品になってしまった。見た目には感情の起伏が激しい作品なのに、そこに描かれる感情はとてつもなく虚ろだ。叫ぼうが吐こうが、伝わってくるものはほとんどない。
既視感のある設定や描写が悪いわけじゃない。まともに向き合って描かれていないのが最悪であり、テンプレだ。

残念な作品。

ただし終わりは好き。
最後、主人公は反体制勢力と出会い、父親の情報を得る。彼にとってわずかに希望のある状況に進んだように思えるのだが、作品は彼が廃墟となった町を視界にとらえながらも何も見えていないような目をしているところで終わる。
珍しい状況・表現ではないのだけど、この場面はテンプレではなく、主人公独自の感情が描かれているように思えた。

2017/01/03 01:23

投稿元:ブクログ

今年の一発目でなぜこの漫画を選んだのか…

あらすじは、ある日、引き篭もり主人公が目覚めたら世界が崩壊しており、生き残ったのは自分だけで死んだ人達の霊体に追われまくるという展開。何やらスゴイ霊媒体質を持っているらしい…
序盤は良かったのだけれど、その後の展開で主人公以外のキャラがバンバン出てくるので、ぼっち感は薄れてしまった。

ぶっちゃけサバイバルや映画キャストアウェイのようなウルトラハイパーぼっち感を味わいたかったのだけど、どうも想像していたのと違ったようだ…
(ちなみに帯文でも「ぼっちじゃなくてハーレムじゃん!」とツッコまれてた)
表紙は衝動買いするレベルで良い。

2 件中 1 件~ 2 件を表示