サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

hontoレビュー

川柳は乱調にあり 嗤う17音字

川柳は乱調にあり 嗤う17音字 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2017/04/21 14:34

投稿元:ブクログ

川柳が時代と権力に対する痛烈な諷刺を担って来たことを、改めて感じさせる一冊。(14/7)

▼読書雑感:楜沢 健『川柳は乱調にあり 嗤う』を読む
いやあ、毎度この人の書には驚かされる。
前著『だから、 鶴彬』(2011年)にも度肝を抜かれたが、またまた・・・である。
「はじめに」<川柳は美辞麗句を嗤う>の冒頭を紹介する。

うどん屋に日本終了ですの札

2013年12月12日「毎日新聞」「万能川柳」に掲載された川柳作品である。作者は「徳島 仲真平」。
戦前の「治安維持法」の復活に他ならない「特定秘密保護法」が、2013年10月25日、安倍内閣による閣議決定を経て国会に提出され、同年12月6日に成立、同月13日に公布された。2013年は「特定秘密保護法」がゴリ押しで可決・公布された平成版「治安維持法」成立元年として、永遠に記憶されることだろう。この句はそれを踏まえた作品である。
うどん屋に出る札は「本日終了です」。売り切れ御免の繁盛店なら、うどん屋に限らず、街を歩いていれば、しばしば見かける札だ。しかしなぜ「本日終了」ではなく「日本終了」の札なのか。おそらく誰かが札にいたずら書きをしたのだろう。文章校正で前後の文字を入れ替える「S」の赤字が「本」と「日」の間にペンかチョークかスプレーで書き加えられた落書きに、作者はたまたま遭遇したにちがいない。・・・
遭遇したというのは出来すぎで、あるいは「犯人」は作者自身かもしれない。特定秘密保護法のせいで、「本日終了」を見たとたん、そこに「日本終了」を読み取ってしまった。「本」と「日」を逆さまにして「日本終了」にしなければ、おさまりがつかなくなってしまった。いたずら書きすることを、抑えられなくなってしまった。あるいは、そういうことであったかもしれない。・・・
あるいは、あるいは、もしかしたら、「犯人」は通りすがりの通行人ではなく、他でもない、うどん屋の店主その人であったのかもしれない。「これで日本もお終いだな」と嘆く客の声を、きっと何度も何度も、くりかえしくりかえし耳にしていたのかもしれない。・・・ 
3点句:2句
■ スッピンで通した母の死化粧        なずな
・母の死に化粧を見ている作者が見えてくる。
・戦争、震災、引揚げと苦労に苦労を重ねて癌で死んだ母の死に顔を「きれいですね」と言ってくれた看護婦さんがいて、思わず涙を流したときの情景を思い出した。
・すごい句。

■ 明け方のダブルワークのピカソ顔      笑い茸
・「ダブル」をキュービズムに引っかけた面白さ。
・強烈な発想。
・ダブルワークの時の自分の顔もそうだ。

2点句:4句
■ ハケンには手足があれば顔いらぬ      一志
・労働の手足と人格の顔を対置させ、今の労働者の使かわれ方を皮肉っている。

■ 責任をとらぬ顔のみ出世する        乱鬼龍
・先の大戦から東電フクイチ事件までの日本の支配層の動きを想起させる。
・人としないで顔としたことで、具体的な顔が浮かんできて面白い。政治家も官僚も東電も・・・・みなそうである。
■ 厚顔と無知で憲法料理する         白眞弓
・近代憲法における立憲主義を知らずに憲法を変えようとする、右翼タカ派のいけずうずうしさを言い当てている。

■ 改憲派あああの顔でこの声で        乱鬼龍
・復古主義の連中をうまく揶揄した。
・品性下劣な面々を思い出させる。
・「暁に祈る」の歌詞は「この声」ではなく「あの声で」。

1点句:12句
■ 地べたから見上げた顔の良し悪し      白眞弓
・路上生活者の視点から見える顔。
・底辺から上層の人を見ると別の顔が見える。新鮮な視点。

■ 顔を知る政治家失言組ばかり        しゃねる
・政治家のレベルが落ちていることを窺わせる。

■ 人相の悪さを競い閣議する         乱鬼龍
・たしかに日本の政治家は人相が悪い。欧米の政治家は票を集めやすいようにイケメンをそろえている。

■ 街中に押し付け笑顔の選挙戦        しゃねる

■ あと六年街も整形大慌て          しゃねる

■ この顔を表紙にするな金曜日        青蛙
・安倍首相のことか。面白い。

■ テレビ出るあの顔見るとテレビ消す     哲治
・日本の政治家はもともとヤクザが多かったので、テレビでアップされると引きますね。

■ 規制委の本音は顔に高濃度         奥徒

■ テレビからはみ出しそうな安倍の顔     やせ蛙
4点句:1句
■ 官邸前ここが日本の分かれ道        乱鬼龍
・まさに象徴的。
・実感。短い言葉で言ってくれてありがとう。

3点句:2句
■ 風は右まず動き出す小役人         青蛙
・暴力団の山口組ですら懸念している日本の右傾化を推進している役人の姿を言い表している。

■ 抵抗をするふり尊重してるふり       しやねる
・自公の馴れ合いをうまく表現。
・朝日川柳に「嫌々をするふりしても切れぬ仲」というのがあったが、どちらも面白い。
・毎度おなじみの見苦しさをさらけ出している姿を的確に言い表している。

2点句:6句
■ W杯熱き闘い抗議デモ           奥徒
・ワールドカップとそれに抗議しているデモをかけていて言い得て妙である。
・ワールドカップの金権体質へ貧困からのキック。記録されるべき時事川柳。

■ あら不思議世界のトヨタ課税ゼロ      今明
・軽さがいい。かえってことの重大さに気づかせる。

■ 永遠の中間貯蔵する気なり         乱鬼龍
・中間という名の永遠。

■ 戦後とはいつのことかと問われる日     しゃねる
・戦争放棄を放棄する時代をうまく詠んだ。

■ 認知症進む日本の民主主義         斗周
・恐ろしさが伝わる。感性も理性も失われた10年。
・うまい句。
・認知症という言葉がどうしてもこの句に必要だったのか、考える時間が無く選ばず。

■ 靖国を残した理由(わけ)が今わかり     なず��
・集団的自衛権の戦死者の出る時代に入ったこと。

1点句:6句
■ 18で戦争に行けと投票法         今明
・選挙権を与えるから徴兵の義務を負えという国の思惑ありずばり。

■ 政権はごり押し一日一ファッショ      青蛙

■ 再稼働やめろと噴火桜島          笑い茸

■ 福島沖迷惑顔の金目鯛           斗周
・新鮮ななネタ。高級魚も受難。
・原発そのものが最後は金目。自民党政権の本質。

■ 受信料払って見たいものが消え       働きアリ

■ アイドルも卒業という使い捨て       笑い茸
・なるほど、「卒業」は使い捨ての言い換えか。
・うがちの句。

1 件中 1 件~ 1 件を表示