サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

東池袋ストレイキャッツ(電撃文庫)

東池袋ストレイキャッツ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

9 件中 1 件~ 9 件を表示

2014/06/08 12:28

投稿元:ブクログ

内容紹介
『神様のメモ帳』『さよならピアノソナタ』の杉井光が贈る、新たな青春と音楽の物語。

ひきこもって音楽ばかり聴いていた不登校児の僕。けれど、ゴミ捨て場で拾った真っ赤なギターが僕の運命を変える。
それには、交通事故で死んだギタリスト、キースの幽霊が取り憑いていたのだ。
「俺が生きてる間に発表できなかった曲を、おまえが代わりに歌うんだよ」
幽霊に尻を叩かれ、僕は池袋で路上ライヴを始める。
そこで出逢ったのは、身分を隠して夜の街を彷徨う歌姫ミウ、それから沢山の路上パフォーマーたち。
ストリートを舞台に迷い猫たちが歌い奏でる、切なくて甘い青春と音楽の物語。

2014/07/25 00:34

投稿元:ブクログ

不登校の引きこもりだった少年が尊敬するミュージシャンの死をきっかけに音楽をはじめ、池袋でストリートミュジーシャン達ふれあっていく話。
一話一話丁寧に構成されている感じで読みやすかったし、ハートウォーミングな話も多く好みだった。
古めの洋楽ネタを絡めてたのも個人的にはよかった。
雰囲気は、音楽版ビブリア古書店といった感じ。(あれほどニッチなネタではないですが)

2014/09/03 02:49

投稿元:ブクログ

ストリートミュージシャンをテーマとして描かれた本作ですが、登場人物の生き方はもちろんのこと、池袋という街を描いた作品という点で面白く読ませてもらいました。

今作の主人公であるハルは自身のトラウマから脱却できず、池袋という街に逃げ込むかたちでさまざまな人と出会うことになります。

その中心となるのはミウという少女ですが、彼女にかぎらずさまざまな人物との出会いによって、彼が変わっていくかと言われれば、本質的に変わることはありません。逆にそこが本作ならではのどこか痛みのある読後感を生み出しているのかなと思います。

2014/08/21 20:25

投稿元:ブクログ

表紙買い
池袋でストリートミュージシャンする話

主人公は好きなアーティストが死んでしまったことを知り、どん底気分だったがギターを拾う
それは幽霊になったキースがとり憑いていたギターだった
そこからギターの特訓が始まるわけだが

2014/10/02 20:49

投稿元:ブクログ

ひきこもりで音楽ばかり聴いていた不登校児のハル。
ある日、ゴミ捨て場で拾ったギターによって運命が変わる。
「俺が生きていた間に発表できなかった曲をお前が歌うんだよ!」
死んだギタリストの幽霊に尻を叩かれ路上で歌うことになった。
そこには沢山のパフォーマー達がいて…。
杉井光氏が描く、せつなくて甘い青春と音楽の物語。

ひきこもりと音楽と不器用な人間関係。
杉井さんの得意分野を集めて描いたのがこの作品です。
どこか他の作品と似てる部分も感じるかもしれませんが、それでも心温まる話や主人公ハルやミウやその他の路上パフォーマー達の生き様は自分は好きですね!

タイトルと絵と文章ととてもマッチしていて雰囲気が伝わってきました!

2014/08/11 00:40

投稿元:ブクログ

キャラ設定に関してはもうここまで来ると完全に使い回しといってもいいレベルだと思うんだけどそれでも少なからず胸を打つ(3話以降はさすがにテンプレ過ぎる気が、まあ嫌いじゃないんだが)のはやはり才能の証拠だろうと。

たしかに人格的にはクズなのかもしれないんだがでも小説家は作品だけ良ければいいと思うの、もちろんDVクソ野郎が平和運動とかやってるのなら叩くのは全然構わないのだが。

2015/08/31 00:44

投稿元:ブクログ

評価:☆4.5

ストリートで迷い猫たちが歌い奏でる、せつなくて甘い青春と音楽の物語。

ずっと引き篭っていた少年ハルが出会ったのはゴミ捨て場に捨ててあった真っ赤なギターだった。
そしてそのギターにはギタリスト、キース・ムーアの幽霊が取り憑いていたところから物語は始まる。

ギターを片手に池袋の街へ繰り出し、自分が生きている証拠を歌に乗せる・・・いいですね。
池袋は行ったことないけど、その熱や雰囲気は伝わってきた。
周りの人達の優しさも魅力的でした。玲司さんは神メモの四代目にしか思えなかったけどw

「あれはハルだよ。池袋のハル」
『この街はかさかさに乾いていて埃っぽくて脂臭いけれど、とても優しい街だ』

2014/11/19 17:38

投稿元:ブクログ

娘に薦められて。

音楽がすきだから、ストリートミュージシャンの話は興味深く読みました。

娘は池袋に行きたいそうです。

2014/07/02 14:48

投稿元:ブクログ

作風は相変わらずだけれど、この小説は主人公の境遇もあいまって切なさがひときわ際立っている。再生と優しさが印象的な物語。

9 件中 1 件~ 9 件を表示