サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2016/01/08 11:26

投稿元:ブクログ

「政治を政治たらしめるもの」である〈政治的なもの〉について考えた10編(序章含む)の論文を採録。多くは著者が専門としている政治哲学ではなく、フェミニズム、丸山思想史、アメリカ政治学などの研究史から〈政治的なるもの〉をめぐる抗争を描いている。

この論文集がいちばんすごいなと思ったのは〈政治的なもの〉という主題を立てながら、〈政治的なもの〉が何かという答えが明確ではない点である。主題を立てながら、それについてはっきりと話すことなく文章を進めていくというのは、ものすごく勇気のいることではないかと思われる。

いやもちろん、断片的には記載はあるのだ。ただそれが明示的ではないというか…それはおそらく、〈政治的なもの〉について語る言葉の不足にあるのだと思う。多弁を要せば語れるというものではないが、作者は「言葉がないもの」について、多弁することでその欠落を埋めようとしている。そんな印象を持った。

1 件中 1 件~ 1 件を表示