サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
16 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

少し難しい

2015/09/30 00:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぬー - この投稿者のレビュー一覧を見る

数学が大の苦手な人間として、漫画もあるから読みやすいかな?と思って購入したら、なかなか難しい部分もあった。特に漫画パートは不可解で、文章のほうが分かりやすい。
章が細かく分かれているため、少しずつ読み進めるにはいいと思う(数学苦手人間としては一気読みすると頭に入らない)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/07 15:04

投稿元:ブクログ

テーマごとに、導入マンガ→解説、という構成。構成や内容は普通なんだけど、絵がきれいだし、「そこマンガ化するんだ。笑」って感じで、着目ポイントも面白かった。

2015/10/28 13:49

投稿元:ブクログ

マンガ1ページと解説。マンガが直接関係するかというと微妙なところもあるけど,ほどよく抜きになって読み進めやすくはなってる気がする。後半,著者の書き口がだんだん熱くなってきてるように思えるのがちょっと面白い。

2014/11/12 00:34

投稿元:ブクログ

とても読みやすい。数学の内容に飽きたと思うタイミングでマンガが入っていて、ついつい読み進めてしまう。
また、内容も、日常生活の裏に隠れた数学を紹介していて、小話としても楽しめる。

2016/04/06 20:24

投稿元:ブクログ

 漫画形式の部分も挟みつつ、
・宝くじを当てる確率
 など、数学に関する覚え方や知識を教えてくれる作品。

2015/09/24 18:19

投稿元:ブクログ

サインコサインだけでなく、数学的に面白いトピックが短い漫画と共に紹介される。
個人的に面白くかつイメージが伝わってきたのがヒルベルトホテルの回。
漫画を読んでも「ん?これのどこに数学?」と一瞬、思うが、本文を読んでいくと得心がいくのも良い。
数学嫌いを克服できそうな良書。
続編があれば絶対に買うだろう。

2014/08/17 22:46

投稿元:ブクログ

数学漫画。なのだけど、たまに数学のテーマがわかってるうえで漫画を読んでも、どう関連してるのか全く分からない話もあった。
インド式計算術の話があったのだけど、『25×28』って、『100÷4×28』とやるよりも、『25×4×7』とやるほうが分かりやすいような・・・。インド式計算ではあくまで前者の方法なのだろうか。
ピタゴラスがひどいやつということを初めて知った。ピタゴラスの定理とか無理数だらけだろ・・・。
後、アラビア数字はアラビアじゃなくてインドで生まれたらしい。ヨーロッパに渡る際にアラビアをとおって渡ったからアラビア数字と呼ばれてるのだとか。確かに、なんでアラビアなんだろうと思ってたんだよね。アラビアにおける数学の話って聞いたことがないし。
ところで、三角形の内角の和が180度ではない世界はありえないとのことだけど、そもそも1周を360度としたから180度なのであって、1周を500度にしていたら三角形の内角の和は250度だったよなぁ・・・。って、そういうことを言いたいわけじゃないか。

2014/11/03 21:00

投稿元:ブクログ

漫画が読みやすい。
数学的にふむふむ話が漫画、エッセイとして描かれている。

数学に踏み込みたい人はこの本を飛ばした方がいい。数学が嫌いだけど好奇心があり情緒豊かな人はこの本を読んで少し数学の奥深さを感じられるかくらい。

いずれにせよ、数学というテーマは物凄く深いものなので、本書の位置づけも難しいものになるのだと思うけど、テーマの選び方、絵の見やすさ、エッセイの内容はすっきりしていて読みやすい。

2014/06/29 14:00

投稿元:ブクログ

Twitterで知る。Amazonに2014年6月29日注文した。
コンビニで支払いをしないと・・・2014年6月29日の午後4時ごろコンビニで支払い済み。
2014年7月1日手元に到着。
さすがにLab内では読むことができない・・・
ページをめくっていれば読めるということで、2014年7月11日読んでしまおう。

2014/09/23 20:14

投稿元:ブクログ

数学の話は面白かったが、マンガはとってつけたようなものが多かった。もう少し本文と関係あるか、あるいは無くてもよかった気がする。

2014/11/16 01:36

投稿元:ブクログ

三角関数はは多少使うけど。。。
高校の途中まで数学が好きで得意だったけど、この本読み進めると、対数はあやしい、素数も。黄金比って?? 虚数に至っては自信もてない。
読み終えるのに時間がかかってしまった。

2016/08/27 20:06

投稿元:ブクログ

数学が身近な生活に様々応用されていることはよくわかった。考え方も少しはわかった。でも私自身がここから何かを生み出すことはなさそうだ....
丁度こういった数学を学んでいる世代が読みと少しはその後の勉強に影響あるのかな?

2015/01/21 09:50

投稿元:ブクログ

数学は苦手。
でも、幾何学模様は大好きです。

幾何学模様の本を読んでいると出てくる数学用語・・
軽い文章で本になってないかなーと思っていたら、
これこれ。こういう本を探していたのです!


かくも美しい数学の世界!

その浪漫に、読みながらどきどきしていました。

自然の真理の入口へ、案内してくれる本。

理解力が足りなくて、読んだけどわからないことだらけですが、いいんです。

少しずつ理解していこう。

素数が現れるルール・・非対称や不完全の美しさがありますね!
いまも誰かが探しているのかしら。そわそわするーー

2014/08/26 14:28

投稿元:ブクログ

とにかく読みやすく、飽きさせない。章の構成は簡単なイントロ→思わせぶりな見開きマンガ→わかりやすい解説。内容もしっかりしてる。

2015/11/01 12:20

投稿元:ブクログ

2015/11/01図書館から借りた。
興味が持てるような身近な問題で面白い。内容を理解するのがちとしんどいが、最後まで楽しく読めた。

16 件中 1 件~ 15 件を表示