サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

サマディ 永遠の存在との出会い

サマディ 永遠の存在との出会い みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2014/08/31 23:10

投稿元:ブクログ

ヨガの究極の境地「サマディ」。
実際にそのステージに到達したヨグマタの体験からの言葉は読む人の魂をゆさぶる、強いメッセージ、浄化力があると思います。マインドを超えたその先にある、私達の本質とは何か、垣間見せていただいたような気がします。とても内容が深いので少しずつ読ませていただきました。とてもよかったです。

2014/07/24 11:27

投稿元:ブクログ

今回は最近出版されていた相川圭子師の本と、また雰囲気がちがっており、かなり濃い内容でした。大変読み応えがあり、瞑想をされている方やヨガについて興味のある方には知りたかったことの答えが随所に散りばめてあるようなとっても贅沢な一冊だと思いました。エネルギーも、すごくこもっている感じがしますし、正直このお値段で手に入れるようなものではないなあと思いました。かなりお得です!一生ものです!

2014/07/09 15:12

投稿元:ブクログ

今、瞑想がブームになっていると思う。

ブームっていう流行りすたれじゃなくて、
日本に必要な新しい学びとして根付く予感がする。

瞑想って、スピリチュアルなことって、自己流ではものすごく危険なことってきいている。

でも、相川氏は、安全で最速の方法を伝授している。

今年の出版は何冊目か、4冊目だっただろうか。

ものすごい勢い!!

発売と同時に購入。
筆者の大きなエネルギーを感じる。

2014/07/12 23:38

投稿元:ブクログ

ああ、なんてすごい内容なんだろう!
少し読んでは、瞑想し、
また読んでは、真理の言葉に、感銘をうける・・・

相川圭子さんは、どうして惜しげもなく、こんなお宝本を、だされたのだろう?

欲にまみれた私は、???・・って思ってしまいます。

ひとつとして、飛ばしていい箇所がありません!
さらに、
言霊が、込められています。
また
山の向こうの地図が
事細かに記され
その、風景が
見ていない者にも伝わる言語で
書いてあります。

愛です

愛なしでは書けない!
読む者への愛
まだ、真理に達していない
多くの
人々への愛!

もうそれしか
伝わってきません

愛の中に
言葉がうまっている


理解できなくても
愛が伝わります

たとえ
読まなくても
愛が染み渡るようにできています

ありがとうございます・・・
そう
頭を下げたなる本です。
どうか
一人でも
多くの方の
目に触れますように

そして
一人でも
多くの方が
愛に包まれ
真理への一歩を踏み出されますように

幸せになられますように・・・

*************************相川さんは、著書の中で「真理」を、いかに、わかりやすく、かみくだいて、多くの方に伝えるか・・・を、今まで大切にして、こられたように感じます。
 でも!
この1冊は、そんな相川さんが、「思い切って」真理の本髄を、かたってしまおう!・・・と企画された1冊・・・と、伺いました。

ああ、わくわくします。
まるで、小学生が、やっと、ひらがなから、漢字に進むときみたいに
新しい技術を、教えて頂くときのように、
待ち遠しいです。

( ^ ^ )/

2014/07/28 19:55

投稿元:ブクログ

時代は変わってきたと実感する。本屋へ行くと
ひっそりとではなく本当に沢山ヨガや瞑想、人生を切り開くきっかとなる本が迷ってしまうほど並んでいる。
こう人びとに受け入れられるようになってきたのも、著者方達の多くの人の幸せを願う思いが、”偽りの話ではないと実感できたり、“ちゃんとその純粋な愛が伝わってきているからだと思う。


思っていたものと違う本を手に取るのも縁だと思う。表紙やタイトルだけではない惹かれる何か…。

相川圭子さんの本は何冊も出されているのに、不思議なことに、似たように思える説明でもなぜか新しく入ってくる。上手く言えないが、点だけで埋めていくような絵のように、本を読み重ねるうちに、別の色の点が足され、色の深みが増し、全体がすこしづつ浮かび上がってくるような感じ。だから前の著書が活きていたと思うことがよくある。
そして、色馴染み(浸透)がよくなり、スーッと入り理解が進んでいたりする。

とくにこの本は、その色の点の粒が細かいといえばよいのか、浸透するように優しくわかりや
ヨグマタさんは、ただただ!本当に!伝えたいんだ、という真の思いが入ってくるように感じます。
深い愛とはこういうものなんだなと。
ほっこりなんてものじゃなく、熱い感動を残してくれると思います。

5 件中 1 件~ 5 件を表示