サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

男一代之改革

男一代之改革 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/08/14 16:34

投稿元:ブクログ

+++
平安‐江戸‐現代…だるま。時空を超えた“日本文学”1000年の旅!?光源氏に焦がれた男・松平定信の、もう一つの改革。
+++
表題作のほか、「鎌倉へのカーブ」 「二〇一一年三月――ある記録」
+++

松平定信と光源氏、一見なんの接点もなさそうなのだが、定信は光源氏に我身をなぞらえ、江戸の改革に思いを馳せる。小説なのか随筆なのか迷ってしまうような書かれようである。二作目はさらに判断がつきにくいが、これは随筆?江戸時代と現代で、かかれていることは違うにもかかわらず、トーンがとても似ていて不思議な心地にさせられる。自分がどこにいるのか一瞬わからなくなりそうな一冊でもある。

2014/09/20 18:20

投稿元:ブクログ

表題作。現代に住む弁士風の語り手が、松平定信について語るものだ。文化人であった定信は古典に造詣が深く、光源氏には並々ならぬ思い入れがあったようだ。
語り手は定信を語っているはずなのに、光源氏(に共感する定信)に憑依したり、突然現代に戻されたり。
と、めくるめく淳悟ワールドでございます。もう何度か読んだら、本気で楽しめそうです。

『鎌倉へのカーブ』はさらに恐ろしい。
京浜地域の地名が読者を攻めたててきます!この辺りの地理に疎い私は、ただただ戸惑うだけでした。どんなコンセプトの小説なのかーある「結婚」の話ーが分かって、ようやく一息つけました。
Googleマップをお供にすると楽しめそう。

2014/07/17 11:42

投稿元:ブクログ

寛政の改革の松平定信。彼は無類の源氏趣味だった。質素倹約・禁欲を重んじた定信が、なぜ恋多き貴公子・光源氏に自身を重ねたのか? 青木淳悟が“江戸を斬る!”抱腹絶倒の著者最高傑作。

3 件中 1 件~ 3 件を表示