サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

想像の翼にのって 村岡花子エッセイ集

想像の翼にのって 村岡花子エッセイ集 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2016/09/17 14:59

投稿元:ブクログ

キリスト教。
宣教師に教わった学生時代。
そして文学。
それらが彼女の土台になっているのだな、と改めて感じさせられるエピソードたち。
こうやって翻訳した人がいて、今誰もが名作を読めるのだ、と思う。
先立たれた息子や夫への思いは、切ない。

2014/06/11 16:18

投稿元:ブクログ

次々出るなぁ、、、

河出書房新社のPR
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309023106/

2014/10/17 20:33

投稿元:ブクログ

先に読んだ恵理さん編集の「花子とアンへの道」に抜粋されていたいくつかの花子さんのエッセイがとても素敵で、ぜひ抜粋だけでなくちゃんと読みたいと思って手にした一冊。
「花子とアンへの道」に出てくるエピソードも花子さん自身の筆で語られると生き生きと感じる。丁寧で整えられた文章と、とことん他者を慮る精神が素晴らしい。驚きを持って心に残ったのは「続・静かなる青春」で語られる、内面で烈しい焔を燃やしながら、その烈しさを語り合う相手を持たない孤独。花子さんも若い時にはそんな孤独を感じることがあったのだなぁと。

2014/08/30 14:22

投稿元:ブクログ

「花子とアン」を観てる最中に読んでしまって良かったんだろうか?
ドラマ最終回まで見終わったら、もう一度ゆっくり読みたい。

2014/07/25 13:30

投稿元:ブクログ

ここでしか読むことのできない、書籍未収録エッセイを中心に収録! 女学校の思い出、白蓮への思い、長男を亡くした絶望から新しい境地へ。等身大の花子がここにある!!

2016/03/20 11:41

投稿元:ブクログ

やはりとても素敵な方だなぁとほれぼれしてしまう。このエッセイ集の中に、「『赤毛のアン』の訳を手直しして出版した」というところがあり、私の手元にある、初めてアンに出会ったあの本を、村岡さんも手に取ったのだと興奮した。章題の上の小さなリンゴマークを、気に入っていらしったかしら、なんて。
「教育は相手の心にあるよいものを引き出す仕事である」P.33
「福祉国家とはそれぞれの人が、心の幸福をつかみながら、最低の文化生活を「物」の面でも営める国を言うのではないだろうか」P.78
生きた時代は違っても、人を結びつけることができる、「本」って素晴らしい。

6 件中 1 件~ 6 件を表示