サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

葬送習俗事典 葬儀の民俗学手帳

葬送習俗事典 葬儀の民俗学手帳 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/06/11 16:21

投稿元:ブクログ

言葉に何が込められるか、知るのには良いかも、、、

河出書房新社のPR
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309246659/

2014/12/12 22:22

投稿元:ブクログ

正確には全部読みきれないまま図書館へ返却…ですが、興味深い内容でした。
手帳・事典とあるように日本各地の葬送や葬儀に関わる土地ならではの古来からの言い回しや風習・習俗ごとに章立てをし、解説した一冊です。

そんな習わしがあるのかとか、そういうやり方をする土地があるのかとか、どうして葬儀の際にはああいうことをするのか、などと理由もわからずしていた葬儀の「決まりごと」についていろいろわかり面白いです。
確かに読みやすくはないのですが。

実際に葬儀の場面で役に立つかというとそういうマナー的利用ではなく、知識として読む本です。
民俗学に興味のある人が読む本でしょう。その意味で私はチョイスを間違え挫折しました(笑)

何故葬儀の際のお斎を遺族ではない人間が作るのか、何故火葬場で故人をお骨にする際に親族は食事を取るのか(北海道の場合の一部ですが)理由がわかりました。

儀礼的に行っている葬儀の際の行動は、その土地からの古来の考え方や習俗が由来となっているのですね。
故人を弔う気持ちはもちろん一番大事ですが、行っている葬儀作法の意味もこれからは考えてお弔いを行いたいと思います。

2014/07/16 18:09

投稿元:ブクログ

葬儀に関する言葉をジャンル別に網羅し、徹底的に解説。柳田国男全集に未収録の超貴重な本を、新字新仮名の読みやすい形で完全復刊。北海道から沖縄列島に至る葬制の慣習を探る日本人論。

3 件中 1 件~ 3 件を表示