サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

時代と呼応しあうかのような死と狂気に溢れた小説世界

2014/12/15 13:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:abraxas - この投稿者のレビュー一覧を見る

五篇の小説が骰子の五の目のように組み合わさって作られた組曲のような小説、登場人物もちがえば、時系列もバラバラながら、鏡に映したように似た組み合わせのカップルも、ほとんど同名でいて異名の人物もいる。小説家が自分の創り出した人物と対話し続ける自己言及的なメタ小説。実験小説のようでいて、ロマネスクな香気を漂わせる独特の作品世界。最後のモダニズム作家ロレンス・ダレル作『アビニョン五重奏』の完結編。

読者を幻惑させるかのように、グノーシスの秘儀やテンプル騎士団の財宝といったミステリアスな意匠を用意し、人物間の対話を通じてフロイトの精神分析やユダヤ人、ジプシー(ロマ)の受難、禅やヴェーダーンタ哲学その他、二十世紀が抱える様々なイデオロギーを繰り出してみせたところに、現代小説作家の問題意識が色濃く反映されている。しかし、最終巻までたどり着いてみれば、何のことはない。恋多き女コンスタンスとブランフォードの、縺れに縺れた恋の顛末が通奏低音として全篇に響いていたことが分かる。

コンスタンスのヨガ・マッサージで脊椎が恢復したブランフォードは、テュ・デュックの別荘で暮らし始める。水浴中に痙攣を起こしたコンスタンスを救おうと背中の傷みを推してブランフォードは水に飛び込む。コンスタンスを救えたことで自信を回復したブランフォードは心身ともにコンスタンスと結ばれ、完璧な恋愛の成就がもたらす幸福感が全篇を染め上げる。

最終巻だから、それまでに引かれた伏線は意図を明らかにし、秘密は暴かれなくてはならない。英独二重スパイのスミルゲルが明かすリヴィアの死の真相、テンプル騎士団の財宝の在り処、と暴かれる秘密は少なくない。ただ、これまでのような凝りに凝った細工は影をひそめ、ゲイレン卿も王子もいつものように乱痴気騒ぎを起こさないのが少し残念。

ジプシー一族の「母」と呼ばれる長の占いが一行の未来を予言するところや、馬車や荷車の群れがヨーロッパ中からアヴィニョンに蝟集する姿に一抹の不穏な空気を残すが、森のあちこちに店を出したジプシーの屋台、電飾されたポン・デュ・ガールに揚がる花火が祝祭的な一夜を盛り上げる。ダレルは、一篇に一つ、必ず絵になる場面を書き入れないではおかない。サント・マリー・ド・ラ・メールの聖女サラの祝祭と、このページェントが今回の目玉だ。

五篇の小説がそれぞれ異なる主題を奏しながら、やがて世にも稀な五重奏曲として成立する、そんな小説も、いよいよ最後。どうなることかと勢い込んで読み始めたが、冒頭、アヴィニョンに向かう列車の窓からブランフォードは小説のためのメモをすべて捨てる。新たな人生の始まりを意識しての行動だった。創作メモを駆使して作りこむような小説の忌避とも読める。それを証明するように作為的な部分がすっかり消え、サトクリフとブランフォードの思弁的な対話が戯曲のように長々と続く「クインクス」は、これ一篇では独立した作品として読むのは難しい。

連作小説の完結編としては、ブランフォードとコンスタンスが紆余曲折の果てに結ばれることに尽きる。互いにはじめて会ったときから惹かれあいながら、二人の間には邪魔が入り、その都度、別の愛が生まれては破局を迎える。完結に至るまでに何人の男女が傷つき、死んでいったことか。そういう意味では時代と呼応しあうような死と狂気に溢れた小説世界であった。いまや、すべての死者は静かに瞑目し、二人の新たな門出を祝うかのようだ。しかし、やがて、ブランフォードは小説を書くためにコンスタンスのもとを離れ、一人去ってゆくだろう。それは、既に読者の知るとおり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/15 12:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/20 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/19 13:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示