サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

2014/10/11 17:49

投稿元:ブクログ

なんなんかなあ、、。ウチのチームのことなんか、ほんのちょっとしか書かれていないのに、読みながら泣けてきた。
それは、きっと、Jリーグのサポーターならわかるだろうし、ウチのようなお財布をもたない(わかるひとはわかるんです、この言い回しw)中小クラブはなおさら。

勝てばまるで世界が変わる。
負けると一気にテンションが落ちる。
老若男女のたくさんの仲間が、ホームに行けば待っている。
アウェイに行けば、ホームとは違ったスパイスが加えられる。
こんな世界があるとは、若い頃には気づきもしなかった。

まだ一度もカップを掲げたことのないウチのチーム。
それを成し得たときは、どんな歓喜が待っているのか、想像しただけでワクワクする。

そんな「ウチのチーム」を持っている筆者と気持ちがシンクロするんだろうな

2015/08/15 05:40

投稿元:ブクログ

マニアがジャンルを潰すという言葉があるが
日本のサッカー観戦はよくわからない。

Jリーグの敷居は高いのに
代表戦だと盛り上がっているように見える。

サッカー観戦に感じる違和感がこの本で無くなっていった。

サッカーのファンはサポーターと言われる
その理由が読むとスッと入ってきた。

いつの間にかなっているものが
サポーターなのだと。

2015/07/21 23:41

投稿元:ブクログ

珍しくJリーグサポーターを書いた本なので嬉しくて読んでみる(しかも東京贔屓らしいし)
あのブログの人だったのね。
とにかく貴重なJリーグサポーター本。それだけでも価値がありますね。

2015/01/31 22:05

投稿元:ブクログ

鹿島サポーターであり、Jリーグサポーターでもある自分には響きすぎて込み上げるものが多すぎて。
「Jリーグファンは寂しかったし、悲しかったのではないか」という言葉がズバリすぎて、まるで自分のことのように。
内容は徐々に(いや、この人は極端なので違うか)日本サッカーにのめり込んでいく一人の男性のノンフィクションで、ブログがベースだし、失礼ながら読み物としては拙いんだけど熱い思いが伝わりまくる。
日本サッカーは欧州のそれと比べるとつまんない、なんて言ってる人に是非読んでほしい。日本のどこかのクラブを応援している人にも読んでほしい。ちょっとでもJリーグに興味がある人も読んでほしい。
久しぶりに誰かに共有したい本でした。

2014/06/25 06:08

投稿元:ブクログ

Jリーグのサポーターというのはある意味、宗教の信者のようなものだと思っている。それぞれのクラブがそれぞれの宗派のように同じサッカーという宗教を愛しているもののその手法、解釈などはそれぞれ。時にはその違いからぶつかったりもするし、広義の意味ではサッカーを愛するという同じ仲間でもある。
そしてその宗派の信者になるためのイニシエーションというのは明確なものはなく人それぞれ。その人それぞれの中で筆者の場合はどうだったのか?ある種の疑問を感じたりしながらも徐々にはまっていくイニシエーションの過程が書かれている。
そしてそこにはメディアでは決して伝えられないスタジアムでの雰囲気が描かれている。もともと理系の研究者だったこともあり、その描写は実に丹念に描かれていている。
まるでスタジアムでサッカー観戦をするかのごとく、読んでいるだけでスタジアムに行った気にさせてくれる。可能なら試合の映像を見ながらもしくは思い出しながら読むとさらに深まるだろう。
サッカーを見に行ったことのない人はこれを読むことで代表戦後に渋谷で騒いでいる人と実際に観戦しているサポーターが一線を画したがる理由が分かるだろうし、知人にサポーターがいれば、その人達がどんな生活をしているのか、なぜ休みを犠牲にしているのかが分かると思うし、地震がサポーターであれば思わずにやりとしてしまうと思う。
サッカーの観戦記ではない、むしろサポーターと呼ばれる信者がどういう生態なのかを描かれた観察記でもあり、そしてその観察をするはずだった筆者がまさに「ミイラ取りがミイラになった」その典型的なパターンでもあった。

また、W杯を見てサッカーに興味を持った方が、「Jリーグってどうやって見に行くの?」「Jリーグってどんなところなの?」という疑問を持った時に読んでみると、初心者のための観戦ガイドとしても使えるであろう。

2015/07/05 23:16

投稿元:ブクログ

特にサッカーに特化して観ることのなかった著者が偶然的に観戦する事からサポーターになっていく記録。心情の変化もみどころだが、いくつかのクラブを観戦するなかで、サポーターやくクラブを取り巻く人たちに係わることで多角的に捉えてる様子が窺える。たくさん響くところがあったが、Jリーグの観客動員数が横ばいな要因の一つに新規が伸びないことがあるが、「Jリーグを応援する理由がない」と。とっても納得。スタジアムに行くきっかけを仕掛けるとすると何が有効なのだろうと考えさせられる。

2014/08/09 10:06

投稿元:ブクログ

自分が好きなクラブに出会った時を思い出した。
私もG裏のヤジが嫌で、今ではバクスタの住人に。でもたまにG裏行くとやっぱり楽しい♪

とてもおもしろかったです。続編楽しみです。

2015/02/15 16:50

投稿元:ブクログ

よくあるブログまとめ本かと思いきや、帯の「日本版フィーバーピッチ」が大袈裟ではない、笑えて泣けるJリーグサポーター体験記。Jリーグ行ってみたいなー、でもなんか怖そう、つまらなそう、という人にこそ手に取って欲しいのだが、はてさてどうやって広めたら良いのやら。

8 件中 1 件~ 8 件を表示