サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

魔法使いと刑事たちの夏

魔法使いと刑事たちの夏 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー27件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (15件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)
27 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

「謎解きはディナーのあとで」系。

2016/01/17 15:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?』第二弾。
通常のラノベよりもお軽く脳天気な設定と登場人物。
軽く読めることは読めるのだが、殺人事件のアリバイも動機も右から左にすっこぬけていく。
悩まない、悩めない、悩むのを求めない人には読みやすいのかもしれないがミステリというには一本足りない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

でたらめ度が高すぎて、さすがについていけない。

2015/09/24 21:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

でたらめ調が特徴といってもいいこの作者の作品の中でも特にでたらめ度の高いシリーズ2冊目。何といっても本当に魔法が使える魔法使いが出てくる。万能の魔法でないとはいえ、魔法使いが仕込んだものを口に入れさせることで犯人を自白させるという、卑怯すぎる設定を使ってくる。自白はその一時で、証拠はその後固めるとはいえ、まともに読んだら禁じ手もいいところ。まぁこのばかばかしさが取り柄だとわかってはいるものの、ここまでくるとちょっといきすぎ気味に思える。
作者の他の作品では愛嬌のある登場人物が出てくることも多いが、この作品ではそういう人がいないのも残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/21 16:49

投稿元:ブクログ

シリーズ2作目。魔法使いマリィが小山田家の正式な家政婦になりました。これでいつでも、事件に首を突っ込めます。でも突如、現れる展開より自然かも!? ´д` ;
軽い読み物として良いです。

2014/08/30 20:19

投稿元:ブクログ

東川さんお得意のコミカルミステリ。
魔法使いが登場するシリーズ2作目。
個性的なキャラクターが魅力的でついつい読んじゃいます。

2014/09/06 17:19

投稿元:ブクログ

あれ、この設定読んだことある
と思ったらシリーズ第2弾だった。
設定が子供っぽいので、中高生あたりが読むといいのかも……。

2014/09/28 10:28

投稿元:ブクログ

シリーズ2作目。
1作目と変わらず、美人の椿木警部とドМの小山田刑事、魔法使いマリィが事件を解決していく。変わったことといえば、マリィが小山田邸の家政婦になったこと。「あたしに何か頼みたいことがあったら、いつでも呼んでね。飛んでいくから」ジュースやケーキ、マイクなどいろんなものに魔法をかけ、犯人を自白させていく。
軽く読めて笑えるどたばたミステリー。

2014/09/24 23:35

投稿元:ブクログ

連作短編4編
相変わらずのドタバタ、ギャグ連発のミステリー?マリィがだんだんかわいくなってきた。けど、1017才って!あり?

2014/09/07 14:22

投稿元:ブクログ

シリーズ第二弾。ユーモアいっぱいの倒叙ミステリ短編集。ミステリとしてもゆるめな感じだけれど、犯人のトリックを崩す意外な事実には驚かされます。魔法使いが登場するけど、それで事件を解いてしまうというわけでもないのがフェアプレイともいえるかも。
お気に入りは「魔法使いと妻に捧げる犯罪」。単純なように思えた話だけど、解決に至るまでに伏線がかなりあったのだなあ、と感服でした。

2014/08/17 10:31

投稿元:ブクログ

倒叙。1巻目より、マリィの位置づけ(存在意義)が安定してきたかな。今回犯人との知恵比べに向けての伏線やネタの振り方が良くなってきた感じ。
ドMの部下刑事のMっぷりがお気に入りです。いいぞもっとやれ。

2014/10/20 14:09

投稿元:ブクログ

なかなか面白かったです。
さすがに東川さんらしい、ギャグと倒叙もののを東川作品らしく展開していた作品ですね。

2015/02/01 00:15

投稿元:ブクログ

真夏の話を真冬に読む。

シリーズ2冊目。
結構前に読んだので、読み進めると
そういえばそうだったと思うことしばしば。


いつもどおりの軽いノリのお話に、魔法使いが追加される。
禁じ手のような気もするけれど、
深く考えなければ面白い。

2014/08/02 12:00

投稿元:ブクログ

本シリーズは、
流行の、ドS&ちょいMの凸凹ペアによる、
一癖ある、ラブコメ+ライトミステリーに、
もぅ一アクセントを加えた意欲作ですが…、

第1作であった前作では、
まだ、作品の特異な設定を活かせるパターンが、
固まり切っていなかった印象がありましたが…、

本作では、その辺りもいぃ感じで固まっており、
ちょびっとファンタジー系も混じった、新鮮な、
ラブコメ・ライトミステリーに仕上がっており、
読んでいて、楽しかったですよ…!

メインキャラクターの3人…、
ちょい変態っぽぃちょいMの♂部下刑事に、
ちょい惚れっぽぃちょいSの♀上司刑事に、
ちょいドジっ娘なちょいツンデレ魔法少女。

前作では、まだ、一人ひとりのキャラクターが、
何となく、尖がり切れてなぃ感じもしたけど…、
本作では、ストーリーのパターンも固まってか、
各キャラクターも、だいぶ活きてきましたね…。

今後、東川さんの、
一風変わった新しぃシリーズとして、
定着していくんじゃないでそぅか…?

2014/12/04 20:56

投稿元:ブクログ

軽~く読めるミステリー(^^)♪小山田家の家政婦になった魔女のマリィ。刑事の小山田聡介と家でもドタバタ(^^;)プールへ行ったり、選挙活動したりで家事ちゃんと出来ているのかな?(--;)マリィが犯人に自白させる魔法をかけて、聡介が推理をするパターンは安心して読める(^^)39歳独身美人警部の椿木警部がだんだんダメになっていく気がする(^o^;)人が亡くなるのに楽しいミステリー(^^)v

2016/03/23 21:16

投稿元:ブクログ

魔法使いマリィシリーズ二作目。ユーモアミステリ短編集。
特殊な設定から必然的に、犯人が犯したミス、遺された証拠を捜す、という形式になる。
むしろ、コメディ要素がメイン。
シリーズ定番の展開は、慣れると安心して楽しめる。

2014/08/26 19:56

投稿元:ブクログ

魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?の続編で、刑事の家に家政婦として魔法使いのマリィが同居していて、事件の度に大活躍?しており、中々面白い。作者のユーモアさもこの本にもでており、とても楽しく読む事が出来る。

27 件中 1 件~ 15 件を表示