サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

hontoレビュー

美の侵犯 蕪村×西洋美術

美の侵犯 蕪村×西洋美術 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/12/03 23:59

投稿元:ブクログ

借りたもの。
西洋美術と日本の俳句、詩学のコラボレーション、否、コラージュか。
蕪村の俳句を読んだ次の頁に、西洋美術が載っている。北川健次先生の解釈を読んでいて想像するヴィジョンが、一見何のつながりもない俳句と西洋美術を深く結びつける。というより合致する。
内容は北川先生の欧州紀行回想録、美術史と俳句の解説。
一貫して存在する、母への思慕、安息を得る胎内回帰を望むような魂の叫びへの着眼点。
俳人と画家の生い立ちや様々な解釈、解説には読んでいて迷宮に入り込んでしまったような気分にさせる。その探究心や発見(したと思ってしまうもの)に酔いしれる。

2015/08/29 00:02

投稿元:ブクログ

蕪村の俳句に西洋美術をあてて
鑑賞しようという本。
NHKの日曜美術館で取り上げられていて
頭の中をひっくり返されるような
感覚になるのがおもしろく、
本編の本も読もうと、思って。
本の方が、西洋美術寄り。
美術の解釈や紹介がメインだった。

2 件中 1 件~ 2 件を表示