サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

忘却のレーテ

忘却のレーテ みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

2017/03/13 20:52

投稿元:ブクログ

忘れる基準がわからない。一定期間の記憶を失うのはわかるけど特定の事柄だけの記憶をなくすって…。あ、でも催眠術のショーでその手のあるか。その言葉だけ出てこないみたいなの。

2015/03/04 17:04

投稿元:ブクログ

一日だけの記憶をクリアにする薬レーテを開発した小野寺エリス.その実験に駆り出された笹木唯や数人が被る奇妙な体験の物語だが、なんとも妙な感じだ.唯は直前に父母が事故で死亡し、それがトラウマになり「死」に対して異常な反応を起こすようになった.最後に実験の背景やエリスがこの薬を開発した動機が語られるが、メビウスの輪を思い出した.

2014/09/14 15:26

投稿元:ブクログ

エピソード記憶を意図的に消す薬、という題材は面白いですし、トリックも、ラストになって「ああなるほど!」と思わせられました。
しかし、逆に言えばそれだけです。
「死」「記憶」という深いテーマを扱っているにもかかわらず、内容は薄く、「死」をおもちゃにしているような印象も受けました。
忘却薬に関する科学的な説明も不十分ですし、何より終わり方に救いがありません。
トリックをちりばめて、謎を解いて終わりです。
娯楽読み物として、一読するにはそれでもいいのかもしれませんが、折角深いテーマを扱っているのにこれはある意味もったいないです。

同作者の別作品を読んだ時も、読後感が悪いという印象を受けましたので、そういうタイプの作者さんなのでしょう。

2014/09/04 19:58

投稿元:ブクログ

読めば読むほど混沌としてきて、これまた私の心理状態にベストマッチww
私も記憶を消したいと思う時がある。

ラストはきれいにまとまってて伏線回収もすっきり。
博士の目的がやや安易すぎたが、彼女ぶれてない点はよい。

2015/06/22 20:38

投稿元:ブクログ

読み終えた直後は「おぉすごい」と思ったのだけど。半日ほど時間をおいてみると細かいご都合主義が気になってくる。フィクションと割り切って結末だけを求める人ならいいけど、明日は我が身なスリルを期待しているならお勧めしない。

2014/11/20 23:35

投稿元:ブクログ

読んでいるととにかく違和感がつきまとう。読み終わるとそれが伏線であったことがわかる。すでに洋画で似たようなカラクリ(設定)の物語があったが、これはこれで良くできている。しかし違和感はそれだけではなく、やはり文章力にある。もともと同じ日が繰り返すという設定だけに同じ描写が繰り返されるのは仕方ないが、あまりにもそれが頻出するので飽きてくる。キャラもどれもあいまいだし、あまりに現実感が希薄すぎる。隔離された環境、一日ごとに失われる記憶、被験者の死亡、とつかみはいいだけにもう少し脚色がしっかり出来ていればスゴク面白くなっただろうに。これは映画化したらうまく脚本段階で着色できれば面白い一作になるだろうな。

2015/04/13 16:25

投稿元:ブクログ

すっきりしない終わり方…でした。
薬の製造理由や登場人物の心情などなんとなく理解は出来るけどこんなものなのか?と思ってしまうかんじで、感情移入は出来なかったです。
でもこの理解出来ない心情が人間のシンプルな感情なのかもしれないなと思いました。

7 件中 1 件~ 7 件を表示