サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

LGBT

2015/09/17 21:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なおちむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近良く聞くLGBTって何?と少しでも思った人にはこの本を手にとってほしい。そして周りの人と一緒に読んでほしい。人の目に着くところに置いてほしい。
本というよりは最初の入口の、ガイド。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

LGBTを知るために

2015/08/29 21:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うおざ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『LGBTというのは、
 レズ・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーのことで、
 性的マイノリティを包括して表す言葉でもある』そうだ。

ReBit(りびっと)は、LGBT当事者が中心になったNPO法人で、
『LGBTの子どもたちを含めたすべての子どもたちが
 ありのままでオトナになれる社会を目指して活動してい』るそうだ。

学校や図書館で、子どもたちに接する機会のある人は、
一度は目を通したほうがいいんじゃないかな、と思う。

現実の学校や社会では、無自覚にさまざまな差別や抑圧があるだろうし、
それに傷つく子どもたちや大人もいると思う。
「それは差別ですよ、笑うとこじゃないですよ」って、
言えればいいんだけどね。

学校図書館の棚で、この本に出会えたら
救われる子もいるかもしれない、と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/08 19:37

投稿元:ブクログ

中身は多様なセクシュアリティについて触れられているのに、タイトルや目次からはそれがわかりにくいのが残念。当事者の声が多数収録されている。巻末には、学校の授業案、相談窓口、参考図書もある。カットの人物が性別がわからない描き方になっているなど、いろいろ工夫がされている。

2015/03/29 21:26

投稿元:ブクログ

教職員やLGBTの学生向けの内容。LGBT当事者の声が多く載っていて、わかりやすい。

自分はLGBT当事者なので、知識としてはほぼ知っている内容だったが、たくさん載っているエピソードには色々と心動くものがあった。カミングアウトのくだりや、子供を持つレズビアンカップルの方の対談なんかが印象に残った。

2015/10/20 10:44

投稿元:ブクログ

LGBTに関するデータと生の声、対応の原則。対象はLGBTの子どもにどう接するかだが、環境調整以外は、大人も大きくは変わらないと思う。

・セクシュアリティはアイデンティティの一部だから、セクシュアリティを含めないと話せない相談って実はたくさんあって、けれど結局、それを相談するにはカミングアウトが不可欠で、話すことができなかった。
・教育の場では「女の子」とか「男の子」とか「もしかしたらこの子はFtMなのかな」とかいう概念でもなく、その子ども自身として見てほしい。
・多分、同性愛に対してネガティブに言わないってことは出来ると思うけど、異性愛が”ふつう”ってなりがちだと思う。
・自分の生活空間に1人でもアライがいるだけで、30%も希死念慮の率が下がるとの調査もある(米:the trevor project)
・林先生:LGBTのことにかぎらず、何かを話すときは、”このクラスの中でこの話を聞いて一番つらい思いをするかもしれない子”を頭において話すようにはしていた。

2015/08/27 23:31

投稿元:ブクログ

20人に1人いるといわれるLGBT、子どもたちに寄り添うための本として、学校生活での「こんな時こうしよう!」が周りのオトナ視点で網羅されてる。特に印象的なのは、場面毎にLGBTの学生50人以上の声が紹介されていて、とてもリアリティをもって時々の「しんどさ」を知ることができる。ジンケンケイハツと居場所、そこにおる比較的若手ができること、子ども生きやすい地域。

2015/06/10 04:10

投稿元:ブクログ

この前に読んだ本と比較すると、より日本の実情に合った内容。
また匿名の声が多く、きっと共感出来る箇所が必ずあるはず。
LGBTの人がいかに学校生活で戸惑い苦痛を感じるポイントがあるのかがよくわかった気がする。
私は当事者ではないので、他人ごとみたいな感想になってしまったが...

2017/04/17 01:40

投稿元:ブクログ

友人が、LGBT。友人は同性と付き合ってるけど、否定的な気持ちも肯定的な気持ちもなく、幸せになってほしいなって感じてる。私自身が恋人を好きになったように、友人が同性の恋人を好きになっておかしいのかなって感じてる。私もLGBTについてあまり知らないけど、偏見を持つのはおかしいかなと思いながら読んだ。LGBTの方がもし目の前にいても特別な優しい言葉は掛けてあげられないけど、彼らが生きやすい国になってほしいなって感じた。

8 件中 1 件~ 8 件を表示