サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

神変 役小角絵巻(中公文庫)

神変 役小角絵巻 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/06/30 15:25

投稿元:ブクログ

全1巻。
行者の祖、役小角のお話。

あとがきで、安部龍太郎先生も仰ってたけど、
「どうしたちゃったの山本先生」が、
率直な感想。

いつも、戦国後期〜江戸を舞台にされているので、
いきなり古代史はびっくり。
そして、どんな役小角になるのかと思ったら、
素直に伝説をなぞるファンタジーな仕上がりに。
もっと「人間・役小角」になると思ったのに。

結構とりとめもない印象の物語になっていて、
正直、期待はずれだったものの、
日本という国の成り立ちに鋭く切り込んだ視点には
ハッとさせられた。
隆慶一郎先生がよく書かれた
まつろわない者vs権力という構造や、
高橋克彦先生が、
蝦夷vs朝廷という視点で古代史を見つめられたのに近い。
しかも時期が建国まもない頃なので、
上記の2人よりさらに直接的。

神話に消えていった者達から見た大和は、
都合の良い侵略者でしかなかったんだろうなあ。
確かに。

もっと氏の古代史が読みたかった。

2015/03/25 21:10

投稿元:ブクログ

『利休にたずねよ』などの作品で、歴史小説の人気作家の一人となった、山本兼一。
残念ながら2014年に亡くなってしまいました。
戦国時代前後を題材にした作品を書く作家さん、というイメージがありますが、この作品の主人公は、「修験道の祖」とされる役小角(役行者)です。
時代は7世紀の終わり。
夫、天武天皇の後を引き継いだ女帝持統天皇は、先代の意思を引継ぎ、律令国家としての国づくりを目指します。
国家運営のため、遠い国からも租税を集める、天皇と飛鳥の人々。
この動きに反発をするのが、飛鳥の周りの山々に住む、山の民たち。
もともと農作をしていた彼らですが、飛鳥の人々から追いやられる形で山に住むようになり、自分たちの食べ物を確保するにも苦労するような生活を送っています。
そのリーダーとして描かれているのが、役小角。
自分はどのように生きていきたいのか、飛鳥のやり方のどこが間違っていると、考えているのか。
山に入り厳しい修練をしながら、自問自答する役小角。
その過程と、飛鳥側との攻防の日々が描かれた、作品です。
古い神社のいくつかについて、「役行者が建てた」という話を聞いたことがあったので、神格化された架空の人物だと思っていましたが、この時代に実在した人物なのですね。
しかしそのエピソードは、のちの時代にかなり脚色されたようで、この小説ではそれらの一部と、著者のオリジナルの物語が織り交ぜられているかと思います。
そして、著者は役小角、持統天皇の行動を通じて、「人が人の集団を統率していくということは、どういうことなのか」ということを、読者に問いかけたかったのかなと、受け取りました。
資料の少ない時代を題材にしているので、史実を学ぶという意味では正確性に欠けるかもしれませんが、日本での”天皇による統治”という形の始まりについて、具体的なイメージを与えてもらえた一冊でした。

2014/08/05 23:21

投稿元:ブクログ

なかなか小気味よく読めたが、自分のなかでの小角はもう少し荒々しさがないというか静かというか。それにしても、いくら個人の力が秀でていても圧倒的物量にはかなわないんだろうな。すごい人間社会だ

3 件中 1 件~ 3 件を表示