サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

つばき

つばき みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.2

評価内訳

7 件中 1 件~ 7 件を表示

2014/07/28 09:45

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)
江戸っ子の心を満たす一膳飯屋「だいこん」。深川ならではの気風にもまれ、ふんばって生きる女あるじの心意気!祭の興奮と職人たちの気概あふれる深川繁盛記。

2014/10/15 17:32

投稿元:ブクログ

「だいこん」の続編と知らずに読んだお江戸細腕繁盛記。主人公つばきの真摯な生き方に心打たれます。恋の行方も気になりますが、「だいこん」も読んでみようと思います。

2014/10/25 23:40

投稿元:ブクログ

一膳飯屋つばきさんの話。
粋と見栄とを描いた山本先生ならではの江戸もの。
読み終わりはいつもながらしゃっきりした気分。
次回作が楽しみ。

2016/05/14 23:54

投稿元:ブクログ

「だいこん」続編

前回、材木屋豊国屋との諍いが原因で寛政元年五月、浅草から深川へと移ってきた一膳飯屋「だいこん」。

深川という土地、水の違いや祭りに対する思い、妹たちは嫁いでいき新しく雇いいれた奉公人たち、色々と変わったけれど、店主つばきのメシ炊きの技や商売の才覚、気っ風の良さは相変わらず。
そこに柔らかさが、加わった。
以前よりも、ぐっと堪えたり一息つくということができるようになっていて、大人の女性になった感じがする。

騙りにあったりと痛い目にもあったけれどタダでは転ばないつばき。たくさんの人を味方にしていく様が気持ちよかった。
物語は棄捐令の出された直後で終わる。つばきの決意はどこへ向かうのだろう…。
なぜ、彼女はいつもきっぱりとこれまで積み上げてきたものを捨ててしまえるのだろう。
そんなことを思う一冊でした。
そして、50半ばの弐蔵と30前のつばき…。
続きが気になる。

2015/01/03 15:31

投稿元:ブクログ

女性ながらも江戸っ子気質のつばきが、以外とあっさりとオトコに恋愛感情を持ってしまうアンバランス感が面白い。

2015/06/01 09:59

投稿元:ブクログ

だいこんの続編。
主人公のつばきはだいこんとともに深川へ移る。
ずいぶん災難が多く降りかかった感じ。
でも、つばきは人柄も手伝って強く進む。
もうちょっと自分に優しくてもいいんじゃないかい?

2014/11/12 12:01

投稿元:ブクログ

2014年7月刊。初出は小説宝石2005年8月号~2013年9月号。だいこんの続編。だいこんほどの面白さは、なかったです。行き当たりばったりの筋運びのように思います。

7 件中 1 件~ 7 件を表示