サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

悲しみを抱きしめて

2015/08/23 11:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

愛する人を喪うのはつらい。
 そういう人にどう声をかければいいのか、そばにいてもわからない。
 それが小さい子どもであれば、余計につらい。
 この絵本は、愛する人を喪う悲しみ、それを克服していく過程を描いている。

 雨の告別式が最初の場面。たくさんの参列者の傘の列。父親に抱かれて小さな男の子。そしてそのお姉さん。
 「おかあさん、どこに いっちゃったんだろう?」
 男の子はお母さんの死が理解できない。
 家の中をさがしても、お母さんはいない。お墓の花を替えにいっても、枯れている花を見て、お母さんは取りに来ないと、思うほど幼い。
 男の子はもしかしてお母さんが戻ってこないのは、自分のいたずらのせいかと心配する。
 ある日、お父さんにお母さんはいつ帰ってくるのってたずねてみた。
 お父さんは、男の子にお母さんは死んで天国に行ったのだと教えてくれたが、男の子は天国がどこにあるのかわからない。
 でも、しだいに男の子はお母さんがいなくても、お父さんやお姉さんとやっていかないといけないのだとわかるようになっていく。

 男の子の大好きだったお母さんはもどってくることはない。
 悲しみを小さくしていくことだけ。
 男の子は少しずつお母さんの不在を受け止め、残された家族との暮らしを受けいれていく。
 イギリスの絵本作家レベッカ・コッブは色あざやかな色彩を使いながら、しかもハデにはならないようにして、愛する人を喪ったものがどのようにして立ち直っていくかを見事に描いた。
 日本語訳を担当したおーなり由子はこの絵本の最後にこう記している。
 「のこされたひとは、生きていかなくてはならない。(中略)わたしは、くりかえす毎日の、なんでもない時間にたすけられました」。

 もちろん、何年経っても何十年経っても、悲しみは消えないだろう。それでも少しずつ残された人は前に向かうしかない。
 子どもたちにこの絵本が伝えたいことを教えるのは難しいかもしれないが、きっと子どもたちにもわかるだろう。絵本は心に届くはずだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/04 23:31

投稿元:ブクログ

大人になった我々でも、覚悟をもった親の死でさえもつらく切ない。

絵本を開けると、雨の中の黒い傘

みんなで、お母さんにお別れをいったんだ
お母さんはいつ戻ってくるの
お花をあげても持っていかない
ぼくが悪い子だから帰ってこないの
みんなの所には帰ってくるのに・・・

涙を流し「ぼく」をギュッと抱きしめるお父さん
お姉さんと、お父さんと、ぼくと、3人だけ
お母さんのアルバムを見ては泣き笑い
楽しく暮らそうとするのだけれど、でも、ふと・・・

白いページの隅に、寂しそうに立つ姿は切ない

2 件中 1 件~ 2 件を表示