サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

2015/08/24 09:12

投稿元:ブクログ

設定やストーリーは面白いのだけど、文章の読みづらさのせいで魅力が半減している。
児童書ということを考えると、私の読解力の問題だけではないはず…。
翻訳がいまひとつなのと、伏線をうまく活用できずに盛り上がりに欠けるのは原文のせいもあると思う。
また、ネコやネズミ、イギリスについての基本知識がある程度ないと、話についていけないところがあった。
スキリーの秘密がそれほど驚くこととも思えなかったし。ネコに詳しい人からしたら、意外なのかな?それとも、たいしたことない秘密を大げさに捉えているスキリー、という設定なんだろうか。

2014/10/26 10:50

投稿元:ブクログ

ヴィクトリア調のロンドンを舞台にしたとあるネコとネズミたちの物語。
のらネコのスキリーは、ひょんなことからロンドン一おいしいチーズを出すというチェシャーチーズ亭のネズミ対策用ネコとして飼われることになる。しかし実はスキリーはネズミたちと取引をしており、ネズミを捕らない代わりにネズミたちからチーズを提供してもらうことになっていた。
新しい暮らしに慣れようとしている頃、スキリーはネズミたちがとんでもない「客」を匿っていることを知る。そんな中、スキリー同様チェシャーチーズ亭に住む権利を狙っていた粗暴な野良猫・ピンチも女中に取り入り飼われるようになり・・・?

というようなお話。

児童文学らしくにぎやかで楽しい話でした。随所に挿入された挿絵もいい。
当時の著名な文人が出入りしたパブとして、ディケンズ等有名人が登場するのも楽しい。クライマックスに登場する女王陛下は流石の貫録でした。

2014/08/10 14:13

投稿元:ブクログ

チーズ好きのネコと、ネズミの同盟!
猫好きにお勧めの本です。

動物写真家・岩合光昭氏推薦――「ネコにドアはいらない。ネズミの親友と英国一のチーズがあればいい。女王陛下と動物たちに幸あれ!」

のらネコのスキリーには秘密があった。ネズミが嫌いでチーズが好き。彼は英国一チーズがうまいと評判のパブ、チェシャーチーズ亭ですばらしく賢いネズミのピップと出会い、ある取引を交わすことになった。
次第にあたたかな友情がはぐくまれていくが、じつはネズミたちは英国の存続にかかわる秘密を抱えていて……。
ネコとネズミの友情と、ヴィクトリア朝ロンドンを揺るがす大騒動!? 

2014/08/27 19:06

投稿元:ブクログ

ネズミが嫌いな猫と、チーズが嫌いな鼠が親友になって、ロンドン一のチーズを出すパブで暮らすものがたり。
動物たちの繰り広げる冒険に、ディケンズはじめ有名な人物もからんだり。
落ちまでおもしろい。

挿絵もとてもかわいらしくて、きれい。見ているだけで楽しくなった。

2014/09/05 20:50

投稿元:ブクログ

読んで良かった。読書だけで、きちんと映像が描ける想像力を掻き立てられる文章に、とても感嘆する。アニメ映画見てるみたいに錯覚する読書は、とっても楽しいし、高貴であるべきと位置づけられている人のリーダーシップには泣ける。でも、やっぱり、ネズミは、ね、好きになれたら良いんだけど。

2014/09/01 23:04

投稿元:ブクログ

ネズミよりチーズが大好きな猫と、字が読み書きできるネズミが一致団結、女王陛下の大事な守護カラスを助ける!
ディッケンズが出てきたり、楽しいお話。

2014/08/22 20:12

投稿元:ブクログ

チーズが好きな猫、ネズミと密約を交わす。

いやカワイイ。
YAっぽいんだけど、ディケンズが重要な役割で登場してたりするので大人でも十分読める。
大人目線で語れば猫とネズミは人種とか国籍の比喩なんだろうけど、そゆことよりも動物たちのやりとりを素直に楽しみたい。
ラスト1ページを使ったオチ、イイよ。

2014/06/11 16:26

投稿元:ブクログ

ディケンズが出てくるんですって

東京創元社のPR
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488010256

2014/09/14 02:34

投稿元:ブクログ

猫も鼠も人間もレイヴン(カラスの一種…と言ったら本人に怒られそうだが)も個性豊かで生き生きしてる。ディケンズがまた、いい味出してる。ストーリーは単純。おもしろさって、ストーリーだけが作るものじゃないなーと、実感。

9 件中 1 件~ 9 件を表示