サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

宇宙の変化は生き物にも刻まれている。

2015/01/30 20:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「生き物も宇宙も、同じ素材でできている」。宇宙の始まり、星の誕生、生命の誕生、と時系列に並べて宇宙と生き物をつなげて考えていく。地球が自転することと体内時計、元素の比率など、話題は広い。生物学者の著者の専門でないところは、これまでの一般書にも書かれている内容を著者なりにまとめたような感もあるが、著者なりのまとめ方である。続きは本書を手掛かりにという形で、参考文献には一般書と論文との両方が数多く紹介されている。裏話も含まれたような「原注」も面白い。
 
著者は「ヒトのなかの魚、魚のなかのヒト」でヒトを含む動物の身体の関係を解剖学的な観点から一般向けに説明した。比較進化生物学の一般書としてこれも面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/08 14:01

投稿元:ブクログ

バラバラだった西洋科学がつながりはじめた
相対性理論から素粒子の時代になって
ニューエイジと言われる総合的な視野による
学問の扉が開いた
それは東洋的で一成る特化した答から離れ
対立と無関心の心の垣根を外して
調和へ向かう共生的な解放の時代を模索し始めた

古生物学者であるこの著者もそんな一人のようだ
「人の中の宇宙・宇宙の中の人」という無限観とか
宇宙観という視野の広い俯瞰した世界を紹介している
美学に哲学から倫理学に宗教も含めた選択肢の中で
物理も化学も生物学も全てを網羅した全体と
それを支えているあらゆる部分が入れ子になった
夢幻的な関係から人間とはどこから来て
何をしようとしているのかを理論的に紐解こうとしている

ここで物質という摩擦界における形ある部分的存在と
形のない意識という全体的存在が相対する相互作用を
イメージしながら感情に溺れず客観的に理解と思いを
深めていかなければならない

科学者とは思えない文章の上手さも在って
特に出だしからの前半が面白い

それでも人間社会で長く続いてきた農耕による余剰生産物によって
始まった依存社会の行き止まりとなるだろう資本金融主義で
洗脳された弱肉強食論や権利意識や競争原理が染み込んでいる
なごりから抜け出せない部分が多々あるようで
ダーウィニズムなどそのパニクった抵抗勢力は計り知れない

2014/11/27 18:22

投稿元:ブクログ

天文学者による宇宙論かと思っていたら、古生物学者であり解剖学者である著者が地球の形成、そして人類の進化を説いてくれる。それも、化学、地質学、気象学、生物学、遺伝学を織り交ぜての考古は何とも神秘的で魅力的な謎解きだ。とりわけ地層や岩石、化石から地球の太古の歴史が次々と知れる。地球は太陽の周りを365.26日で公転しており閏年があるのは知っていたが、一日が24時間ちょうどではなく、自転速度が日々バラバラで基本的には一日が長くなっていっているというのには驚いた。4億年前は一日が22時間だったんだ。

3 件中 1 件~ 3 件を表示