サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

hontoレビュー

「肌色」の憂鬱 近代日本の人種体験

「肌色」の憂鬱 近代日本の人種体験 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2016/04/18 13:21

投稿元:ブクログ

「肌色」ってどんな色でしょうか?おそらく日本では、〝日本人〟の肌の色をイメージされることが多いことでしょう。それは「白色」でもなければ「黄色」でもない、曖昧な位置を占めているように思われます。この曖昧さに象徴される屈折した心性を本書は巧みに描いています。
明治以降、日本は「西洋化」を追求してきました。日露戦争後は唯一の非西洋として列強に名を連ね、「文明」を獲得した「一等国」として国家的自尊心を肥大化させていきました。だが、悦に入るのも束の間、黄禍論の昂揚や排日移民法制定(米国)といった人種的排除に直面します。西洋と非西洋を分かつ可視的媒体として、身体の特徴(肌の色)が強く意識されたのです。本書では、肌の色という宿命的差異をめぐる憂鬱の系譜が辿られています。明治から戦後にかけてのエリート層の心性が垣間見られることでしょう。
「日本人離れした」という褒め言葉は今でも時折耳にします。本書が描く憂鬱が尾を引いているのでしょうか――。「グローバル」や「国際」が喧伝される今、多くの人に手に取ってもらいたい一冊です。
(ラーニング・アドバイザー/国際 OYAMA)
▼筑波大学附属図書館の所蔵情報はこちら
http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=1617302

2014/12/12 23:35

投稿元:ブクログ

第6章、遠藤周作のフランス留学との絡みが面白かった。あと、占領下の米兵と接触した日本女性の恍惚感って珍しい切り口なので、もっと踏み込んで欲しかった。悪趣味だけど。

2 件中 1 件~ 2 件を表示