サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

hontoレビュー

365+1(プラチナ文庫)

365+1 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
18 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

面白かった

2016/05/21 15:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニノシノゴ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「愛しのいばら姫」をたまたま先に読んでいて、知らずにこれを読み始めたら、見たことある名前がやたらでてくると思ったら…なるほど。こっちが先なんですね~!ついつい、先に読んだ方に感情移入するたちなので「これは最後まで飽きずに読めるかナア」という心配もムダでした。というか、美山のキャラを好きになってから読んだから、この話での意地悪キャラも引っかからずに読めたんだな、と。お洒落業界もののお話?と思うけど、地に足の着いた内容はさすがだなと感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

共感

2016/04/25 17:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さきん - この投稿者のレビュー一覧を見る

がっつり恋愛だけしてる甘い話ではなく、恋だの夢だの現実だの、色んなものに振り回されてしまう青年たちの青臭いくらいの青春ものに読めた。多かれ少なかれ誰もが通る道なんだろうな、こういうの。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

買ってよかったです。

2016/04/21 17:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃうにゃう - この投稿者のレビュー一覧を見る

2人の目線があってとてもよかったです。
綾野くんのセリフで
「わからないよ。人のことは、どんなに近くても。」
とても沁み入りました。
確かにわからない。

わらかないよになってたのは
方言なのかな?とちと疑問。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人になるって大変だ

2014/10/24 22:10

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校時代から恋人同士の紺(攻め)と綾野(受け)。
三部構成になっていて、最初と最後が綾野、真ん中の章が紺の視点で語られます。
学生の頃はいろいろな夢を語り合って、お互いの進む道もしっかりと見えていて
卒業したら一緒に上京するはずだったのに、ある理由から二人は離れて生活することに。
そんなところからお話は進んでいきます。
出会ったばかりの二人は将来に向けてほんとうにキラキラとした夢を持っていて
でも、いざ、社会に出るとそんなのやっぱり夢物語でしかなくて…
という、なんとも世知辛いお話なので遠距離恋愛になってしまった2人の間には常に不穏な空気が漂っていて
淡々とお話は進み、そしてラストに向けてはお決まりの展開という
まぁ、安心して読めるといえばそうなのですが、少々物足りなさが残る締めだったなぁと。
凪良さんらしく読みやすい文章なので、あっさりさっぱり読めるお話になっています。
遠距離になってしまったら誰でも通るであろう悩みと、否応なく社会に揉まれる若者2人の苦悩と成長の物語
って、そこまで重くはありませんが、そんなお話をお探しの方にはおススメできる作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

青春物語

2016/01/18 14:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

凪良さんの作品の中では、軽めの方でしょうか。
切ない話が好きな私には、少し物足りなかったです。
恋愛よりも、人間としての成長物語っぽかったので、その点では、共感できる部分も、沢山ありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

同級生同士の話。

2016/10/23 13:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校生の頃からお互いを密かに思いあっていて、ゴールイン。
その後、お互いの夢を語り合いながら切磋琢磨していくが、途中で二人の仕事と夢と現実の差にすれ違っていって…という話。
お互いの心情が丁寧に描かれていて、さすが凪良さん、という感じ。
受けが思い立ったらスパッと行動するところがカッコ良かった。
結局、美山のせいで二人とも引っ掻き回されるのですが、本当には浮気をしていなくて良かったです。
実はスピンの美山の方は既読ですが、どっちのCPも素敵な話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/16 13:56

投稿元:ブクログ

何だか身につまされることばかりで…!
男同士の話なのに、なぜか「あるある~!!」と頷くことしきりでした。
高校時代に出会って両想いになって20代半ばにさしかかった、遠距離恋愛中の恋人同士が主人公。
学生時代からずっと付き合ってきて、これからも当然このまま付き合っていくんだろうと未来に思いをはせている、夢いっぱいの恋人同士の紺と綾野。
まったりした学生生活からいきなり厳しい社会に放り出され、自分の脚で必死に歩き出さなきゃいけなくなり、「大人」の価値観に揺れ動くオトコ心が鮮やかかつ克明に描き出されていました。

こっ恥ずかしいこと、カッコ悪いことに心が折れそうになっても、好きな人だけには弱さを見せたくなくて強がった結果、相手はどんどん疑心暗鬼になり悪い方へ悪い方へと考えすぎて最終的に破局…という一番最悪のお手本のような紺と綾野でした。
どうなるかと自分のことのようにハラハラしてしまいました。

成長痛みたいな痛さと哀愁が混じりあった読後感です。当事者はなかなか自覚できないから、若気の至りで大切なものを捨てたり失ったりしてしまうんですよね…

特に綾野の美山に対するもやもや嫉妬が印象的でした。綾野の都会生活への憧憬も同時に内包されているのがひしひしと伝わってきました。
美山の一言一言が刺さってくるんですよね~
全部図星。
それでも、いつもながらこういう対抗馬を嫌な奴としてではなく魅力的に使ってくるところはすごいです。
自分に正直に生きてるところが紺や綾野と対象的で面白かったです。

紺が強がってて、肝心なことは綾野に何にも伝えていなくて、そのくせ以心伝心で理解してくれてる…って思い込んでるところが最初はえらそうでかちんときたけど、そういえば学生時代はこういうタイプが大人っぽくカッコよく見えました…
綾野をすごく愛している紺の気持ちをきちんと伝えることができてよかったです。紺は完璧に見えて完璧じゃないけど、そこが理解できていっそう愛おしいと思えるようになった綾野もひとつ突き抜けた感じがしてステキでした。

ぐるぐるして心配させられたけど、これからはラブラブで幸せになって欲しい二人です。

2015/01/17 16:55

投稿元:ブクログ

長い付き合いからくる自信や思い込み、さっかくの末のすれ違い……好きです。
それぞれの気持ちがわかったからこそすっきりした気持ちで読破できました。

2014/07/21 06:24

投稿元:ブクログ

学生時代から続く恋愛のきっとよくある過程や葛藤が、切なく苦しく迫ってくる。
それでも相手を想う二人に、共感。

2017/06/14 21:01

投稿元:ブクログ

恋人同士が、遠距離をきっかけに少しずつ心が離れていくお話。浮気の影がちらつくだけじゃなく、夢を追う者のプライドや見栄、挫折などが複雑に交錯するのが凪良さんらしい。途中、受視点から攻視点に代わることで、それまで語られなかった攻の一途な想いや苦悩にも触れるので、安心して感情移入することができた。夢を追う者同士としてもカップルとしても、収まるところに収まった二人。読後感もすっきりと爽やかで、かなり好きな話でした。

2014/08/30 23:40

投稿元:ブクログ

★3.5

凪良先生の作品では珍しいトーンかな?と思う。

青春時代に描いた夢、社会人になり仕事をしていくなかで通る壁や葛藤、恋人とのすれ違い

本当に、誰もが通るであろうあるあるに自分も何度もわかるわかる、と思いながら読んだ。第三者目線だとこんなにも明確に解決策が見えているのに当の本人たちは必死に出口を見つけようともがいている。高校生の二人できゅんきゅんしたが、そのあとはイライラしつつも自分の生活に反省したりとなんだか指南書を読んでる気分に。笑

BLじゃなくても良かった内容ではあるけど、男としてのプライドがあるからこそ、同姓の恋人に素直に悩みを打ち明けられない部分が強調されていて良かったかな。
女王様・美山がとてもいい味出してた。

仕事に真剣に取り組んでる話は読んでいて楽しい。

2014/07/31 10:23

投稿元:ブクログ

うーんなんかお説教臭いなぁと。どっちもよくある思い込みでの過ちからの、とことん正論で、BL読んでる気分にはなりませんでした。
過ちの段階で、そんなのちゃんと話し合わないのが悪いんじゃんって思いながら読んでたら、最後にちゃんとそういう気付きでの落ちになる、ていうのが凪良さんの手法なんだなーと思いましたが、それがハマってスッキリする時とお説教臭くしか感じない時とあるんだなーと。

2014/08/29 10:38

投稿元:ブクログ

やっぱり凪良ゆう作品は面白い。
青年たちの挫折と崩壊と成長と再生。主人公の二人、紺と綾野だけでなくキーパーソンの美山も、ただ二人に絡むだけじゃなく、それぞれが三人三様にこの作品のテーマを表現している。愛だ恋だ夢だといった若くて青い物語だけど、人生に疲れた(笑)中年の腐のみなさん、読もう!いいよ!

2014/07/15 23:05

投稿元:ブクログ

めっちゃきゅんきゅん。切ない。末長くラブラブしてほしい。美山もトラウマ抜け出して幸せになってほしい。

2014/09/26 14:51

投稿元:ブクログ

うわーすごいっ。すれ違うまでの恋人期間が初初しくて甘甘でギャン萌えしたよ。お互い一緒に見ていた夢を諦めくすぶる受けと、夢と現実に挫折する攻め。受けと攻めの交互目線だったけど、なかなか攻めがヘタレだった(笑)そして受けは男前過ぎた。
ちょっと綺麗にまとまりすぎて物足りなさも覚えつつ、どのキャラも自由で個性的でワクワクして読めました。

18 件中 1 件~ 15 件を表示