サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 祈りの朝
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

祈りの朝(集英社文庫)

祈りの朝 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2015/08/02 16:45

投稿元:ブクログ

物理学だかSFだかにオチをもってこられても、全然意味が分からない。こういうのが好きな人にはいいのかな?

2016/02/18 21:10

投稿元:ブクログ

裏表紙に「東日本大震災からの再生と家族の希望を描く感涙ミステリー」と書いてあったけれど、読んだ印象は違った。
主人公は高校教師で産休中の安優海。とあることから突然夫の浮気を疑いはじめ、定期検診のあとその疑いを晴らすために行動に移すところから物語が始まるのだけど、臨月の妊婦なのに1日いっぱいこんなに行動的でいいのだろうか、とか、起こる出来事が衝撃的なことが多すぎて、しかも何かちぐはぐで、たまに見る繋がりがおかしい夢の中にいるみたいな気分になった。
終わりまで読んでその理由は分かるのだけど、何かすっきりしない終わり方だった。

ミステリであり、物理的要素があり、面白くはあるけれどしっくり来ない感じ。そのしっくり来ない感じが要の作品なのかもしれない。

ただ、東日本大震災で傷ついた人は想像以上にいて、この主人公のような傷つき方をした人もいるのかもしれない、ということは思った。
居る場所や状況、様々なタイミングが分かつ生死。それを運命と言いたくはないけれど、他にどういう言葉で表せばいいのか分からない。

2014/10/20 19:49

投稿元:ブクログ

あれ?期待はずれ…
前半のすごい偶然の数々を読み進めると、なぜかいつの間にかパラレルワールドへ突入!
しかも震災までからんで、最後は愛を確かめる?
いや、なんか無理だ。

2014/07/24 06:38

投稿元:ブクログ

祝文庫化!
矢口敦子って読んだコトないので楽しみ

集英社のPR
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-745215-0

2015/01/14 13:38

投稿元:ブクログ

著者の『償い』を読んでいたので、この作品もミステリーかと思いきや、平行宇宙とか多宇宙とかの言葉が飛び交い、量子力学にまでいってしまう。読み始めからの違和感が、最後解消されたのか、疑問に思いながら本を閉じる。なんとも評価が難しい。

5 件中 1 件~ 5 件を表示