サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

日本を滅ぼすとんでもない電力自由化

日本を滅ぼすとんでもない電力自由化 みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価1.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2016/06/13 23:36

投稿元:ブクログ

著者の永野芳宜氏は、1931年生まれ、出版時2014年は83歳、横浜市立大卒で、東電入社、同社の常務監査役にまでなられた方。

感想。
好みの話で言えば嫌いな類。腑に落ちない修飾語が多く、腑に落ちない理屈の階段を積み上げ、登ってみたら「ここまでの説明でご理解いただけたと思いますが」って流れで、ストレスがたまる。
「電気事業が中国など海外資本に乗っ取られても良いですか」という過激な帯も、上記の文体と合わさると、なんとも言い難い。あくまで個人の好みの話です。
電力自由化、特に発送電分離に反対するはずが、本の中盤は脱原発の反対意見を延々と述べていらっしゃいます。
疲れてきたので途中で読むのを断念しました。

備忘録。
・電力自由化を先行してきた欧州では、需要家の電気代負担は増加してますよ。
・再生可能エネルギーの先進国と言われるドイツですが、ドイツのエネルギー自給率が日本より優れている(特に石炭とか)ことをお忘れなきよう。仮に電気代が高騰しても、自国の資源を使ってなんとかなる。日本はそうはいかない。

以上

1 件中 1 件~ 1 件を表示