サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

こころを診る技術 精神科面接と初診時対応の基本

こころを診る技術 精神科面接と初診時対応の基本 みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

専門家として行うべき面接の理屈から、技法、心得までをコンパクトにまとめて1冊

2016/07/01 17:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

精神科面接についは、笠原先生の『予診・初診・初期治療』や土居先生の『方法としての面接』といった名著があるが、いずれも書かれてから何年も経っており、その内容がそのまま現在でも通用するのかと考えてしまうところもある。
長年、精神科面接、特に初診時面接を行っていたり、その場を医学生や初期研修医の研修として立ち合わせたりしていると、普段自分の行っていることがどれだけ確かなものなのかということや、これが精神科面接であるというものをうまく言語化できずにいてもどかしい思いをしてきた。そのため、上記のような本を読み直してみたり、様々な面接技法の本を読んでみたりした。
そんな中の1冊がこの本だ。しかも、最も新しいと言える。
著者の宮岡先生は、やはり大学で学生や研修医らを相手にしてきて思うところが多々あり、この本を著したということだ。
それを一言で言ってしまえば、「適切な面接は十分な精神医学の知識があって初めて可能となる」(p.4(実際は小文字のローマ数字))となってしまうか。だが、それを踏まえてどのような面接を行うのか、どんな面接が専門家たる精神科医がおこなうべき面接であるのかということを、この本は教えてくれていると思う。しかも、かなり具体的でもある。
今の医学生は「医療面接」という教育を受けたり、それが実習に参加するための試験の項目になっていたりするが、その「医療面接」と「精神科面接」の違いのことや、各種精神疾患を疑いながら行う面接の注意点や、診療の基本、初期対応まで、微に入り細にわたって書かれている。
中には「相手の目をみつめすぎない」とか「ゆっくり話す」「大きめの時計を見やすい場所に」といったようなことまで書かれている。
読み終えてみると、笠原先生の本で書かれていることと同じようなことも多々含まれているが、この30年あまりの精神医学の状況を踏まえて、診断することの重要性と注意点に多く語られているのが特徴かもしれない。
精神科医は患者の話を聞き、患者と話をすることでその専門的な医療を行う部分が大きいと言えると思うが、だからこそ、単なるおしゃべりでもなく、単に近所のおばさんのお悩み相談ではないものがあるはずだと思うし、それがなければ医者と名乗る必要はないと思う(そこにはまた、精神医学が抱えている大きな問題があるのだが)。だから、専門家としての技量を身につけていくために、この本も手掛かりにしながら面接を続けていくことが大切なのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/18 23:09

投稿元:ブクログ

心惹かれる部分があり、手に取りました。

適切な面接には精神医学、心の問題に関する知識が不可欠である、というくだりに、自分たちも同じだと思いました。

最近、面接技法にばかり気持ちが向いていたので、その「前提」である専門知識の重要性を改めて指摘され、身が引き締まる思いでした。

連携においても、つなぐ先にいる人が、どのような専門性を持つ人で、どのような情報を、どのように活用していくのかを理解しておけば、適切な情報を提供することができ、スムーズにつながっていくと思うので、その意味においても、自分の専門分野だけでなく、つながっていく領域の方々の専門性についても理解を一層深めたいと思いました。

2014/07/29 22:30

投稿元:ブクログ

そんなものあるんだろうか?と思うかもしれないけれど、しっかりとした問診をとり、きちんとした対応をする、ということが伝達可能で評価しうる「技術」だということが分かります。
精神科の研修医のために書かれたような本ですが、プライマリケア医にとってもとても勉強になりました。

2014/11/05 23:15

投稿元:ブクログ

どんな技術でも基礎は大事である。精神科医にとって面接というのは外科医にとっての手術と同じである。ただ外科医の手術はある程度公開されることで透明性が担保されるが、面接にはそれが薄く、透明性を保たない限り、その発展はない。これまでも面接のバイブルは何冊かあったが、激変している現代精神医療のバイブルとなる本の一冊と思われる。初心者向きの本であるが、ベテラン医師が基本を学び直すことで、現在の自分自身の技術の見直しになるものと思う。

4 件中 1 件~ 4 件を表示