サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

江戸幕府と儒学者 林羅山・鵞峰・鳳岡三代の闘い(中公新書)

江戸幕府と儒学者 林羅山・鵞峰・鳳岡三代の闘い みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/07/07 22:31

投稿元:ブクログ

通俗的な日本史では、「曲学阿世」の代表と云われる林家について扱っています。林家をこのように評価したのは、政治的対立のあった新井白石などで、この本では、林家を肯定的に評価していて、胸がすかっとしました。
林家の膨大な著書は、現代の人の目に触れることは少ないです。私は、自分の研究で、林家の書き入れのある写本を読んでいた時、どちらかというと、好印象でした。古典に対して誠実に向き合い、現代でも有効な解釈が多いのです。
むしろ巷で云われる「曲学阿世」を苦々しく思っていました。だから味方を得たような気分です。
羅山・鵞峰・鳳岡の情熱と挫折がよく伝わってきます。
ただ著者が弁護すればするほど、やはりこれを「曲学阿世」というのではないかと思ってしまいました。肯定的な意味で。昨今の大学に比べれば、それでも誠実で、常識的なのです。

1 件中 1 件~ 1 件を表示