サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

チェルノブイリから来た少年 上(竹書房文庫)

チェルノブイリから来た少年 上 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/05/22 12:50

投稿元:ブクログ

「誰も信じるな」(帯より)

竹書房のPR
「◎その少年は、どこからともなく現れた。それまで彼のことを見た者はいない。噂に聞いた者もいない。誰ひとり、彼の素姓を知る者はいなかった……。
◎「……を探せ。大金と自由の地が待っている……」残された謎のメッセージ。その行き着く先には、ひとりの少年の姿があった。“その少年"が握る〈秘密〉とは……。マンハッタンからウクライナのチェルノブイリ、そして広大なロシアの土地を駆け巡るスリルと謎に満ちたサスペンス・ミステリー! Amazon Kindle売上第1位獲得!
◎あらすじ ニューヨークに暮らす元証券アナリストのナディアは、パルチザンの戦士だった今は亡き父親の過去を知るというミランと会う。だが、彼は「ダミアンを捜せ」という謎の言葉を遺し、何者かに殺害されてしまう。やがて、ダミアンが父の弟であり、莫大な富を生む極秘情報を握っているという事実を知ったナディアは、単身父の故郷ウクライナへ旅立つことを決意する。一方、情報を嗅ぎつけたウクライナ・コミュニティを牛耳るビクターと、彼と敵対するキエフのマフィアのボス、キリロが彼女をつけ狙う。闇組織の男たちの魔の手が迫るなか、ついにチェルノブイリまでやってきた彼女の目の前に現れたのは、ダミアンの息子アダムだった。謎めいた16歳の少年の正体とは? そして、極秘情報の内容とは……? 」

1 件中 1 件~ 1 件を表示