サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

グレーな本

グレーな本 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

7 件中 1 件~ 7 件を表示

2014/09/24 11:52

投稿元:ブクログ

終始Q&Aのインタビュー方式。
未だにハイパーメディアクリエイターというのがなんなのかはよくわからないが、ITへの見識があり、海外慣れしていて視野を広げるにはいいかもしれない。ただ、この人の生き方は難しいと思う。自由なようで柵が多そう。そこを生き抜くには強い意志とタフなハートを要する。特にメディアに対しては並々ならぬ嫌悪感を感じる。
海外でスリに合わないための最強ツールが犬(散歩)というのはなるほど笑えた。

2014/10/13 23:00

投稿元:ブクログ

こんなふうに軽やかに生き続ける人がいるんですね。高城さんってすごく面白いと感じるとともに、いろいろと刺激を受けました。

2014/10/05 20:46

投稿元:ブクログ

日本のアンタッチャブルな部分に触れるグレーな一冊。
所々に折り込まれた未来予測や海外からの第三者的視点などは、自分の視野や見解を広げるキッカケとなりますね。

2015/01/12 20:18

投稿元:ブクログ

この本は、kindle専用で発売されたタイトル「白本」「黒本」を纏めた一冊。巻頭にも書かれていますが、現状の出版業界への疑問を投げかける切っ掛けにも。

本書の内容は、高城氏のメールマガジンで読者とのQ&Aを集めたものですが、その内容は多岐に渡るもの。

当然、その答えは高城氏の考えが書かれているのですが、そこは読む人の判断にゆだねる部分も。ただ、何かを考える一つの考えとして、読んでみて刺激になる部分も。自分の思考の偏りを感じさせる印象もあります。

特に、高城氏のファンや興味のある方なら、大概一冊は目を通した事があると思いますが、今まで興味がなかった人も、この書籍は読んでみても損はないかと感じます。

これからの、世界または日本の変化を考える上で、先を見据える思考の切っ掛けにもなるのではないでしょうか。

2015/07/29 14:52

投稿元:ブクログ

高城氏は,UFOを見る人というワンクッションがあるから、テレビ局と闇社会のつながりを堂々と書き、出版できるのだと思う。岡田斗司夫ゼミで紹介されなければ、絶対に手に取らなかった本だ。

2014/11/06 01:54

投稿元:ブクログ

まっとうなことを語っている。知的で、人間的な成熟がにじみ出ている。この手のお悩み解決本にありがちな「上から目線」は感じられない。だから、著者のことばがすごく伝わってくる。ただ、彼が世界中を飛び回る生活で、どうやって稼いでいるのかよくわからない。なんとなく腑に落ちないこの感覚を、どう考えたらいいのか。いずれにせよ、日本で「まっとう」を貫きながら社会的な成功を収めるのは困難である、とは言えるかもしれない。

2015/01/07 12:50

投稿元:ブクログ

メールマガジン読者の質問と高城剛の回答を
再編集した電子本「白本」と「黒本」を講談社の
「紙で出版したい」という要望に応え、「白本」と
「黒本」を合本した一冊。それでタイトルが、
「グレーな本」。さすが、大手出版社だから
できるマイルドな仕上がり!

7 件中 1 件~ 7 件を表示