サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

波上館の犯罪(講談社ノベルス)

波上館の犯罪 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2014/09/12 22:52

投稿元:ブクログ

館ミステリ、と言ってしまっていいかも。交響曲シリーズでもあります。「すべての言葉が伏線になっているミステリ」というなんとも凄まじいコンセプトの作品でもあり。
……だけどやっぱりバカミスじゃん!
雰囲気は最後まで壊れることがないので、その点をバカミスにしちゃうのはちょっと違う気もするけど。……だけど、ねえ? くれぐれも、最後のページをぱらぱらっと見ちゃったりしませんようにご注意を。

2015/07/05 09:40

投稿元:ブクログ

耽美系バカミスジェノサイド。

本当にこの作者なんなんだよ。
すごいな本当に。
なんかもう、お疲れ様ですとしか言いようがない。
あと、校正の人もお疲れ様です。

2014/09/08 19:46

投稿元:ブクログ

毎度お馴染みの例の仕掛け入りのブツですね。著者の言葉にあると通り、これはバカミスじゃあないな。交響曲シリーズに含まれるらしいんですが、そっち読んでないので、その流れについては語れません。
いやあ。「すべての文章、いや、すべての言葉が伏線になってるミステリー」でした。
「四神金赤」の系統を読み慣れてる人は、埋め込まれた仕掛けには割と早めに気づくと思います。ただ、作中、それについて何度も触れてくるので、その仕掛けをどう着地させるのかとワクワクしながら読めましたよ。
主犯、共犯、探偵、被害者、記述者… ミステリの登場人物の要素をこういじくり倒したか、と関心。
単純にミステリネタだけ見るとがっかりな人がいるのも何となく判りますが、この作品の着眼点はそこじゃないんだよなーという気がしてます。

なぜか、ゴーストハンターシリーズの続きが読みたくなりました。

2016/05/09 20:41

投稿元:ブクログ

倉阪氏ならではの驚愕バカミスです。読者の思考を遙かに超えた場所に「仕掛け」られた謎とトリックが持ち味の作風が、本作ではさらにパワーアップ! ページを捲れば幻惑必至の恐るべきミステリ小説です。

2014/11/21 12:14

投稿元:ブクログ

「波上館の犯罪」倉阪鬼一郎◆波に浮かんで見える館・波上館の主が亡くなり、その後館に残された者たちも次々と…。探偵役の次女・美波が辿り着いた結末とは?バカミスを書かれる方なのでその発想と実行力には唖然とするばかりですが、それありきになってしまった感も否めず。すご!以上!という感じ。

5 件中 1 件~ 5 件を表示