サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

流血王の初恋(小学館ルルル文庫)

流血王の初恋 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

電子書籍

疲れた脳と心の清涼剤作品

2014/08/18 12:56

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Apple - この投稿者のレビュー一覧を見る

宇津田さんの作品に出てくるヒロインは、
頑張り屋で、何事も努力することを厭わず、
逞しいのにウブで可愛いという女の子が多い。
応援したくなるし、読んでる側も、
日々を頑張ろうと元気をもらえます。

今回もそれに違わず、
ひどい境遇も環境のせいにして嘆くのではなく、
改善していく姿がとても素敵です。
でも何処かでいつか幸せは奪われるという
諦めグセがついていて、
その姿がせつないんですね。

でも嫁としてヒーローの国へ行くことで、
負のしがらみと、
幸せは奪われるという思い込みを
断ち切ることが出来ます。
その肯定が微笑ましくて
優しくてほっこりします。

仕事に疲れて何にも考えたく無い時、
この作品を読むと癒されます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/02 22:58

投稿元:ブクログ

流血王という物騒な単語がタイトルに入ってるのに、ちっとも物騒じゃなかった(笑)めちゃめちゃ甘い話だった。読んでて何だか無性に恥ずかしかったよwwでも好きですよ、こういう話。
没落貴族で畑仕事に精を出す王女ユーラが嫁いだ相手は周辺国を武力で制圧し、その恐ろしさから流血王と噂されるカエルム。出会った当初はカエルムのことを恐ろしいと思っていたユーラだが、ひょんなことからカエルムが実は優しい人だということに気づく。そんなカエルムにユーラが「恋をしましょう」と持ちかけ、それからは砂を吐きそうなほど甘々な展開が盛りだくさん(笑)
流血王のエピソードはちっとも出てきませんが(殺気は飛び出しますww)、久しぶりに甘々な話を読んだ気がします。ユーラよりもカエルムの方が純情だった気がする本作品(笑)確かに見守り隊も発足するよねww
ユーラの姉が本当にどうしようもないなと思った。ソキウス、もっと懲らしめてやれば良かったのに。

宇津田さんは2カ月連続刊行で来月も新作が読めるらしい。すごいな。楽しみだ。

2016/06/29 19:47

投稿元:ブクログ

異母姉のおかげで、噂の流血王と政略結婚をする事に。

のんびり畑仕事をしていた所から一転
きらびやかな世界へこんにちは、な生活。
王に出会うまでは拷問状態ですが、そこからは甘い。
砂吐きますレベルで、甘い。
うっかりにやにやしてしまうほどです。

そんな甘いやり取りがメイン。
うっかり忘れそうになる、異母とのトラブルは
忘れていた頃にやってきています。
ものすごく格下の国にやるなら成功するかも、ですが
対等か上の国にやったら、その場でさようなら、状態。
よくも国の人が承知したものです。
おかげで、ものすごく非常識なのが浮き彫りに。

実家にいらっしゃる師匠が、非常に素敵です(笑)

2014/11/30 13:24

投稿元:ブクログ

評価がいいので買ってみました。正解。好きなお話でした。

王女様なのに、調子に乗った母とその一族が原因で没落し、暗殺の危険を回避するため、隣国に近い貧しい領地で、せっせと畑仕事に精を出すユーラ。そんな彼女の元に、姉の身代わりで「流血王」と名の付く隣国の王カエルムに嫁ぐよう命令が出ます。

意を決して、カエルムの元に嫁ぎ、暗闇の場所に閉じ込められているところにカエルムがやってきて、連れ去られます。

ここまでは増田メグミさんのイラストとも相まって、暗い感じなのですけど、カエルムの側近ソキウスがやってきてから、調子は一変。甘々な展開が続きます。

「流血王」というのは、カエルムが演じていた自国を守るすべだったということですけど、素直で真面目なカエルムが普段もその仮面を外すことができず、ユーラに惹かれて、徐々にその仮面が外れてくるところがニヤニヤしちゃいます。初々しいっていうか・・・。

そんな彼との幸せいっぱいの生活の中に、やってきたのはあの姉。悪役全開で、自分が蹴った縁談を再度自分のものにしようとやってきて、ソキウスも一瞬寝返ったか?って思いましたけど、彼はそれも作戦のうちだったみたいで、姉をあっさり撃退。作戦の方法はむちゃくちゃでしたけど、リムタスに締められていたんで、チャラということに。

せっかくだから、ユーラの大事なタングスの土地を奪っちゃったら、領民もみんな幸せになれそうってちょっと最後思っちゃいました。

2014/11/03 14:36

投稿元:ブクログ

儚げなだが頑張りやのヒロインと、流血王と呼ばれる極悪風なカエルムとのコメディーラブ。
前半、異国に突然嫁がされ、それでも健気に前向きなヒロインがブルブル震える様は、とても不憫で、……おやおや、宇津田様 芸風変えました?と問いたくなるほど、増田メグミのイラストの相乗効果でかなり重い出だしなのだが、中盤、腹心のソキウス登場から宇津田節全開の背中が痒くて楽しい展開が待っております。
ひたすらクネクネと転がってください。
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4097.html

5 件中 1 件~ 5 件を表示