サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2017/01/26 15:20

投稿元:ブクログ

なんというか、孤独を愛する/成熟しない/変わり者/研ぎ澄まされ女子大集合、といった様相となっている。

マッカラーズが、(今まであまりそう感じたことがなかったのだけれど)意外と現代的に感じられた。

2014/06/26 11:02

投稿元:ブクログ

祝復刊!

平凡社のPR(版元ドットコム)
http://www.hanmoto.com/jpokinkan/bd/9784582768152.html
「マーサの愛しい女主人」セアラ・オーン・ジュエット
「ライラックの花」ケイト・ショパン
「トミーに感傷は似合わない」ウィラ・キャザー
「シラサギ」セアラ・オーン・ジュエット
「しなやかな愛」キャサリン・マンスフィールド
「ネリー・ディーンの歓び」ウィラ・キャザー
「至福」キャサリン・マンスフィールド
「エイダ」ガートルード・スタイン
「ミス・オグルヴィの目覚め」ラドクリフ・ホール
「存在の瞬間」ヴァージニア・ウルフ
「ミス・ファーとミス・スキーン」ガートルード・スタイン
「無化」デューナ・バーンズ
「外から見た女子学寮」ヴァージニア・ウルフ
「女どうしのふたり連れ」ヘンリー・ヘンデル・リチャードスン.
「あんなふうに」カースン・マッカラーズ
「なにもかも素敵」ジェイン・ボウルズ
「空白のページ」イサク・ディーネセン

2015/07/06 18:43

投稿元:ブクログ

同じく平凡社ライブラリーから刊行されている『ゲイ短編小説集』と対をなすのが本書、『レズビアン短編小説集』。長らく入手困難な状態が続いていたが、新装版として復刊された。
収録作家の中で馴染みがあるのはヴァージニア・ウルフ、イサク・ディーネセンの2人だろうか。他の作家は余り馴染みが無い……と思われる。今の感覚で読むと『これってレズビアンか?』と首を傾げるものもあるが(これは「ゲイ短編小説集」にも言える)、テーマ性のある文学史上ではそう判断される……んだろうなぁ。学術的なことはよく解らない。ついでに言うと、男性同士であれ女性同士であれ、『同性愛文学』の定義もイマイチはっきりしていないような気もするw 誰かはっきりさせてくれないかw

前述のヴァージニア・ウルフ、イサク・ディーネセンの短編がやはり抜きん出ていると感じたが、その他で印象的だったのは『マーサの愛しい女主人』『ミス・オグルヴィの目覚め』。また、『女性同士』と聞いて想像されそうな、ロマンティックさ、リリカルさが殆ど感じられなかったのも面白い。

2016/01/16 09:23

投稿元:ブクログ

このアンソロジーの「レズビアン」の定義は「女性同士の豊かな内面生活の共有、男の専制に対抗する絆、実践的で政治的な支持の与え合い」、かつ社会的にモラルの規制が厳しい19世紀末〜20世紀初めに活動した女性作家の作品なので、現代的な観点ではほとんどレズビアンではない小説ばかり。女性同士の関係があっても「強い絆」程度に読めるし、カップルですらなく男性に束縛されない女性像、女性だけの世界の開放感、というものも多い。
ウルフの作品含め、発表する際にレズビアンの暗喩を隠しているものもある。ガートルード・スタインの「楽しい」を連発する作品、言語では「gay」で、発表当時同性愛という意味はほとんど知られていなかった、となると解説を読まないとどこがレズビアンなのかまるで分からない。(この作家は現代の奇想系小説みたいに独特の作風)
女性カップルはおろか女性同士の絆が描かれないということは、それほどタブー視されてきた、軽視されてきたということでもあろう。現在でも映画をベクデルテストにかけると合格するのは5割強だという。他方、男性同士のバディものなどはいくらでもあるだろう。このシリーズでゲイ短編集もあるそうで、テイストの違いは確認してみたい。
作家はすべて女性だということも、解説を読んで気づいた。ディネーセン女性だったのか(苦笑)読んだことがあったのはヴァージニア・ウルフ、キャスリン・マンスフィールド、イサク・ディネーセンくらい。ジェイン・ボウルズはポール・ボウルズの妻なのか。

4 件中 1 件~ 4 件を表示