サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

森林との共生

2017/04/28 18:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:怪人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2000年に民主党が緑のダム構想を提唱し、2001年には田中康夫長野県知事が「脱ダム宣言」を行い、ダムは緑のダムで代替可能と主張した。2009年には「みどりのダム構想」を公約に掲げた民主党政権が発足した。コンクリートから人へのキャッチフレーズとともに新規ダム事業の検証作業が始まった。
 人工のダムと緑のダムの対立が深まったわけだが、情緒的な議論と政治的な力も加わり、論争は混迷の一途を辿っていた。自民党政権に戻るとダム検証もほぼ終わり、中止された事業もあるが、多くは再開されている。
 この本は人工のダムに対する緑のダムについて科学的な知見等(現時点で)についてその成果を各研究者がとりまとめている。森林、水文学、河川工学、生物学など広範囲にわたって各研究者が真摯な論述をしており、広く読まれることを期待されている。定性的、情緒的議論から科学的、定量的な議論へ進んでいるように思う。
 国土の2/3を占める森林は日本の文化や文明を形成する地理的地形的な特徴である。森林についてさらに知見が深まり、恵みを活用していくことが日本の将来に不可欠であると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/30 12:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2 件中 1 件~ 2 件を表示