サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (11件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
28 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

漫画より面白いかも(笑)

2016/05/08 13:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:acomen - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメ→漫画→小説..と立て続けに見ており、どれも予想外に面白かったのがうれしい誤算です。
文豪たちが各々著書の特殊能力を駆使して戦う...という下手をすれば出オチで終わってしまいそうな設定ですが、原作者がきちんと描きたい物語と世界観を持っているのでどんどん引き込まれました。

小説主人公である織田作のささやかな夢と贖罪、メインキャラクター(そしてチート級の能力)の太宰治が自殺癖に走る原因と抱える虚無感、坂口安吾の任務に対する恐ろしいまでの執着とそれを超えてまで信じたかった友情など、3種3様の人間模様が切ないです。
それを全部含めて操ろうとする首領、森鴎外も怖い。
あと、織田作に会った時の芥川の行動には、正直オイオイ...と思いました。らしいといえばらしいですが。

とにかく期待以上の小説でした。ほかの外伝も読んでみます。

それにしても、中原中也の存在に一言も触れていないのが少し気になりました。「双黒」っていつの話だったんだろう・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

文ストはこの本から始めろ!

2016/10/31 06:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しらたま - この投稿者のレビュー一覧を見る

文豪ストレイドッグスを知らない人が最初に読むといいと思います。私もこの本から始めました。人間関係を知らずに読むと、ラストでいい意味で期待を裏切られ、何度も読み返したくなると思います!
実在の文豪を調べたくなるかも…?
勿論、他の本を読んでいる人は、ニヤリと笑えるネタがあちこちに仕掛けられているので、十分楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ついに太宰の過去が明らかに!!

2016/03/14 18:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぬ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ついにマフィア時代の太宰の過去が明らかになります!この小説を読まないとわからない漫画のシーンもあるのでぜひ読んでください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感想

2016/10/10 18:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

黒の時代というタイトルなので、中原中也ファンとしては、出ていないのが残念でしたが、太宰さんがマフィアを抜けるきっかけとなる織田作之助との死別のシーンは印象に残りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/10 14:25

投稿元:ブクログ

太宰さんのマフィア抜けの動機が想像よりまともでビックリな話でした。
もっと突拍子もないのかと思っていたら、人としてとてもとてもまともだった……

漫画本編より小説版の方が個人的に面白いなーと感じている文豪ストレイドッグス。
本作はシリーズのなかで一番面白かったし、異能バトルがかっこよかったし、キャラクター萌えも抜群だった。
男同士の不器用な友情最高。

2017/02/12 19:20

投稿元:ブクログ

これを読む前と読んだ後では太宰の言葉の意味のとらえ方が変わってきます。マフィアを辞めた理由。アニメでもやりましたが、やはり原作を読んでほしい

2015/12/06 23:34

投稿元:ブクログ

めちゃめちゃおもしろかった…太宰と織田作の話本当にすき…実力はあるのにあえて最下級戦闘員でいる織田作かっこいいし、太宰織田安吾の3人の関係がとても良かったなあ…泣きそうになりました… 織田作が頑なに人を殺さない理由がすごく良い…小説を書くことは人の人生を書くってことだ、って台詞が素敵でした。

2016/08/21 13:43

投稿元:ブクログ

生徒から借りて読んでみた。
内容が入ってこない!やはり中高生向けなのか、会話で成立されているので、とっても読みにくかった。マンガのほうで読んだ本が面白かったりするのでは?とか思った。

2014/12/16 16:33

投稿元:ブクログ

坂口安吾に釣られて。安吾と聞けば何でもありがたがる馬鹿です。
ラノベって文章が読みにくいと思い込んでたけど、そんなことなかった。
あとがきも併せて、文豪を単なるネタにするだけじゃなく、実在した人物の生きた足跡や残り香を汲み取ってキャラクターにしている感じが伝わってきて、漫画もなおさら好きになりました。

2015/02/26 00:37

投稿元:ブクログ

太宰治黒の時代。

マフィアの頃の話。主人公は織田作と言うちょっと変わったマフィア。


太宰さんにはこれから坂口さんと仲良くなって欲しいな~切なすぎる

2014/08/31 23:46

投稿元:ブクログ

こういう重要情報は基本的に本編でやって欲しい人間なのでちょっと悔しい…が、織田作さん視点の所為かイマイチ太宰が足抜けする理由が薄いように思えて残念。

2016/08/12 19:23

投稿元:ブクログ

ジィドの暴力的行為が自分勝手過ぎて……織田作の不幸が辛い。

文ストは「文豪を擬人化」した作品なのでご本尊とか本家作品とかけ離れていても仕様がないと思っていましたが、首領の託宣文、『舞姫』の文章表現がちょくちょく入っていて、ニヤリとしました。

2016/08/06 12:08

投稿元:ブクログ

織田作さんのおはなし
2期でやりそうだなコレ

芥川パイセンはこのときからもう太宰さんオンリーの承認欲求凄すぎだしポートマフィアがてんやわんやしてるときに社長は乱歩さんに探偵道具あげてのほほんとしてたのか……と思うとなんか……なんかな……

あと種田さんとか夏目さん気になりますね

2016/09/04 17:09

投稿元:ブクログ

前作より更に前の太宰のポートギャング時代の話。
確かに、ギャング時代の太宰は容赦ない感じですね。
コミック版だと、オブラートに包まれている感じですが、こっちははっきり描かれているというところでしょうか。
ま、身内にはちゃんと優しいんですけどね。
今作はけっこう陰惨な方の話です。
こうならなきゃいいのになぁというのがそうなっちゃう感じ。
ストーリー上に仕掛けられた軽いミスディレクションは、効果的で良かったです。

2016/06/28 07:57

投稿元:ブクログ

小説版の第1巻よりもさらに前のお話。
銀座の文壇バー・ルパンで撮影された太宰治、織田作之助、坂口安吾の写真からインスパイアされたという物語です。

現代の横浜を舞台にしていながら、どこかノスタルジックな雰囲気漂わせる、かっこよく、でもとても切ないハードボイルドとなっておりました。

28 件中 1 件~ 15 件を表示