サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 神隠し
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

神隠し(文春文庫)

神隠し みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (1件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

2015/10/24 10:25

投稿元:ブクログ

前シリーズが面白すぎたのか、
それともこちらの読み慣れてきたか
いまひとつの気がする。

中身は相変わらずなんだけど、
なんかこう、グイグイ魅かれるものがなくなった。

2014/11/25 18:25

投稿元:ブクログ

新シリーズ第一弾
これまでと変わりはないが、爺様侍と才媛おりょうさんとの夫婦、養子駿太郎との今後?
今後もこのような形での続きものになるのか?

2014/09/16 22:48

投稿元:ブクログ

酔いどれ小藤次が新シリーズに。旧シリーズが19冊目で水戸に行ったきりどうなるのかと思っていたら、いきなり数年後からの新シリーズとは、いったい何があったのか。旧シリーズはさすがにマンネリ化が激しいとは思ったが、決着をつけずに数年後。うーん、作者が書きたいのは駿太郎の成長した暁の小藤次との対決か・・・

2015/01/05 16:35

投稿元:ブクログ

居眠り巌音シリーズも大好きだが、来島水軍流の達人で、身分も厩番で、低いのに、自分の主君の忠義には、誰にも引けを取らない。
美女と野獣ではないが、奥女中であった、御歌学者の血筋の美形のおりょう様とのカップルが又、ほのぼのとして、良い。
新シリーズが、出たので、読んでみると、初めは、おりょうと、小籐次ののろけの様な事ばかりだが、、駿太郎とお夕とが、神隠し?さらわれてしまう。
颯爽と、小籐次が、剣をふるう様は、読んでいても、頼もしく感じる。
駿太郎の10歳から始まるこの新シリーズも、又、のめり込むことになるだろう。

2014/11/03 00:52

投稿元:ブクログ

あれ?
いきなり新シリーズ??
駿太郎にいつ真実を告げるのか、真実を知った駿太郎がどんな反応をするのか?

2014/12/30 15:34

投稿元:ブクログ

新シリーズとはいうものの、私にとっては待望の旧作「酔いどれ小籐次留書」の再開である。小籐次を取り巻く世界観に全く変わりがない点に安心した。

2015/01/22 20:26

投稿元:ブクログ

2014年8月刊。幻冬舎から文藝春秋に変えての新シリーズ1巻め。目新しさは少なく、いきなりマンネリ気味なのが残念。次巻を楽しみにします。

2014/10/17 13:03

投稿元:ブクログ

【書き下ろし時代小説の巨星、ついに文春文庫登場!】背は低く禿げ上がった額に団子鼻、そして大酒飲み。だが来島水軍流の達人である赤目小籐次、次々に難敵を打ち破る痛快シリーズ登場。

2017/02/13 23:05

投稿元:ブクログ

出版社が変わって第一弾。

あとがきを最後まで楽しみにとっておくスタイルなので、読みはじめて色々と混乱した。
最初に誤植で御鑓拝借から3年(だったかな)になっている。
え、それで三河屋蔦の三回忌ってどういうこと…?!となり、その後御鑓拝借から6年後だとあり、なるほどなるほど…と思っていたら駿太郎が10歳で???となった。

国三さんも、前作では本家も分家も引き取りたがってる…という体だったけど、新しくは3年ほどしくじりのために修行させられた、となっていた。
ふ~ん、そうきたか。
そして怪しい異界のなんちゃらが新しい敵。
そっちにいっちゃうのかーと思いつつも、話は安定して面白いですよ。

ただ、この間読んだ「夏目影二郎」のほうでも、磐音のほうでも思ったのだけど、作者は主人公を巻き込まれ型にしておきたいようで、なにかのおりに主人公に「自分が望んだことではない」と言わせるのだが、これが気になって仕方がない。
なんで人のせいにするのかな?
一旦受けたのに、人に責められると「自分が望んだことではない」と言い出すのがちょっとね。
引き受けてしまったのなら、腹くくったらええやん。
人のせいかよ~と思ってしまうね、わたしは。

親兵衛さんは、最後戻ってきて良かった。
けど、敵とは関係ない異次元?への謎の神隠し…はっきりしなくてもやもやはするなぁ。

9 件中 1 件~ 9 件を表示