サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

教授のお仕事(文春文庫)

教授のお仕事 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/09/03 10:31

投稿元:ブクログ

古代エジプト文明に関する発掘調査で、数々の実績を上げた吉村作治先生の本。

小説、という分類になっているけれど、ちょっと小説っぽくない感じ。
あるていど、ノンフィクションというか、エッセイというか?
主人公の、中(あたり)教授は、作者自身でしょう。
もっとはっちゃけ&ぶっちゃけてるのかと思いきや(いや、かなりぶっちゃけてはいるのかな?)、そうでもない。
良くも悪くも、吉村先生は真面目なんでしょう。

大学の裏話というか、現代の大学の問題点などが、ちょっと解決されて、教授がホッと一息つく、という短編で構成される。

その昔、『世界不思議発見』に吉村先生が出演されるのを楽しみにしていたので、そういう興味で読みました。

作品中、大学の名前が『都大学』となっていますが、よく表紙見たら、しっかりネタバレでした。
まあ、吉村先生がどこの方なのか、名前を知ってる人ならだれでも知ってると思うので良いのかな?
いっそ、都西北大学にしても良かったのに(笑)

2014/10/17 13:00

投稿元:ブクログ

【先生! 講義のお時間ですッ!!】テレビでおなじみエジプト学の早稲田大学名物教授が、初めて描くキャンパス小説。アカハラ、派閥争いなど、先生たちのとほほな生態。

2 件中 1 件~ 2 件を表示