サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

クラス全員のやる気にスイッチが入る!英語授業のつくり方

クラス全員のやる気にスイッチが入る!英語授業のつくり方 みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/06/19 17:48

投稿元:ブクログ

 生徒が知らず知らずのうちにやる気になり、授業が面白いと思えるような「仕掛け」(スイッチ)を紹介する本。130ページほどの本で、すぐに読めてしまうが、明日から使える小技が豊富に載っている。
 すかさず褒める、モノを実際に見せる、競争を仕組む、課題を自分で選ばせる、成果の見える化をする、といったかなり定番のことが中心だが、それでも結構、あらためて納得できる。「英単語におけるコース選択」というのは、結構斬新だけど、うまくやれば面白いかも、と思った。「言えた人から座る」という活動と、下線部和訳のテスト問題というのは、今時じゃない感じもするが、実際に著者のそれらを見たことはないので、何とも言えない。単語を書けるようにさせるところでの、「指書き」というのは納得だった。「生徒は『ノートに1行書く』こと自体が目標となってしまい、肝心な『覚える』ということがおろそかになってしまいます」(p.91)というのは全くその通りだと思う。だからおれも「自分が大丈夫だと思う回数だけ、考えて書け」という指示を出すが、これも曖昧な指示で、いっそのこと「指で書け」という指示が良いのかなと思った。
 得るところも多いが、目新しいところはそんなにない感じで、全体としては新人教師向けの内容だと思う。(15/06/19)

2015/10/22 16:08

投稿元:ブクログ

なかなかいい。英語の授業をするときに、競争させたり、ゲームさせたり、音読できるようにさせたり、具体的な例がいっぱい載っている。

2 件中 1 件~ 2 件を表示