サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

がんばってほしい

2017/01/23 22:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さすらい人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

殺処分ゼロは、自分にとっても実現させたいことなので、こうような活動をしているのを知ると元気をもらえる。心から応援したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/06 16:41

投稿元:ブクログ

動物好きの向井愛美さんは、農業高校の動物科学科に進学。2年の動物愛護センターでの見学で動物の殺処分の現実を知る。また焼却された動物の骨が事業系廃棄物=ゴミとして扱われることに衝撃を受ける。しかし、彼女は涙するばかりではなく次なる行動を起こす。彼女たちの挑戦を読んでみてほしい

2016/03/26 23:24

投稿元:ブクログ

殺処分された犬・猫の骨を肥料に混ぜて、お花を咲かせた女子高生の話。

保護センターから救う話は美談でも、実際にそこから漏れてしまう子は絶対にいるわけで、ゼロにはなってない。

ではその骨は、というとただのごみとして捨てられる。
じゃあその骨で何かできないかという女子高生たちの話です。

総合学科やこういう農業、工業、商業系の学科のある学校では自分の専攻に沿ってのプログラムが組まれます。
やっつけでやる子もいれば、新しいことに取り組む子もおり・・・。

この子は自分で考えて、仲間を募って・・・えらいなーと思いました。
色々非難もあったようですが・・・。

2014/09/28 06:17

投稿元:ブクログ

森の農業高校の高校生達が、殺処分される犬達を見に行き、その骨が納骨されることなく、ゴミとして処理されることを知る。その骨を肥料として花を育て、殺処分がなくなるような活動をおこなう。高校生に読ませたい。

2014/12/24 01:34

投稿元:ブクログ

青森県立三本木農業高校の生徒さんたちが、動物愛護センターでの見学をとおして知った、殺処分された犬や猫の骨がゴミとして扱われ捨てられているという現実。そんな不幸な動物たちを救いたいと願い、立ち上がった女子高校生たちの実話。

動物の骨をレンガを使って細かく砕く下りは、胸を締め付けられるような切なさを感じさせる。

2015/09/08 21:57

投稿元:ブクログ

以前新聞でいのちの花プロジェクトの記事を読み、詳しく知りたいと思っていました。
プロジェクトを立ち上げた卒業生の書いた本。
とても素直な文章で、すっと胸に入ってきました。
逃げずに、目をそらさずに現実に向かい合って、自分たちにできることは何か考え、行動に移した彼女らは、大人よりもずっとえらい。本当は大人が真っ先に変えていかなければならないのに。。
殺処分の現実を知りショックを受けるところ、骨を砕く作業の辛さなどが特に印象に残っていますが、向井さんが子供の頃、祖母のところで可愛がっていた猫が、名前を呼ぶと鳴きながら近寄ってきて足元にすりよったり、腕を枕にして一緒に添い寝したという思い出のシーンが好きです。話を聞くだけで愛しくなりました。

6 件中 1 件~ 6 件を表示