サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

大名やくざ 2 火事と妓が江戸の華(幻冬舎時代小説文庫)

大名やくざ 2 火事と妓が江戸の華 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2016/06/08 09:13

投稿元:ブクログ

第二弾
久留米藩藩主になり、まずは火消しの再構築、!
柳沢に恩を売り、加賀藩とも喧嘩?
何か背後に蠢く紀伊国屋一派の影?
藩内の対立の行方は

2015/08/16 09:26

投稿元:ブクログ

虎之助の母が祖父の後を継いで親分に。 
虎之助はと言うと、久留米藩当主を継いでとうとう本物の大名に。
江戸時代も平和が染み付き出した五代将軍綱吉の時代。
今回は江戸の風物詩とも言える火消し。
対抗馬は加賀百万石の加賀藩。
なんとかうまく取りなして信頼を勝ち取るも敵を増やす。
吉原で太夫にも近づくことになるが、紀伊國屋も登場してきて、今後の展開がおもしろくなってきましたね。

2015/01/05 00:07

投稿元:ブクログ

2014.12.27 読了
帰りの井の頭線で読んでいて
吉祥寺で降りるの忘れて
渋谷まで戻ってしまった本。
長年井の頭線に乗ってきたが、
初めての失態。

そこまで集中する本ではないような…

2015/10/07 17:44

投稿元:ブクログ

ときは江戸時代。
5代将軍綱吉の頃。
柳沢吉保さんをまるめこんで、まんまと久留米藩21万石の大名になったやくざ虎之助さんのお話です。

吉原にいる大酒呑みの二升太夫さんに惚れたはいいけど、どうも恋敵は紀伊国屋文左衛門さんらしい。
話が大きくて面白いよ。
頭を使わずに読める本でした。

だけど、大きなお寺が燃えるとか、千代田のお城に天守閣を再建されれば、材木屋や大工や鳶など多くの人にオゼゼが入るってのは確かにそのとおりだねぇ~。

けっこう着眼点が鋭くて、なるほど~って思ったお話でもありました。
まぁ、話はまだまだ続くんだけどね(笑)

2014/11/12 12:11

投稿元:ブクログ

2014年7月刊。4話構成。大名とやくざの二足の草鞋的な話だが、虎之助にとっては、同じことのようにやれてしまうのが痛快で、面白い。

5 件中 1 件~ 5 件を表示