サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

hontoレビュー

ハケンアニメ!

ハケンアニメ! みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー390件

みんなの評価4.3

評価内訳

高い評価の役に立ったレビュー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2017/01/22 13:46

アニメ化希望。ちくしょう、はまっちまった。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

辻村深月さんを読むのは三作目である。
いずれも直木賞受賞後の作品だが、見事に雰囲気が違う。
多作な方なので、いろいろなところに目がくるくると動いている
のかもしれない。もう少し初期の作品を読まないと、辻村さん
らしさを掴めないのかもと思った。

それはさておいて。この作品にははまった。
いつも行き帰りの電車と昼休みが読書タイムなのだが、
帰宅後の時間や、出社直後の朝礼前の時間までつぎ込んで
しまった。続きが気になってしょうがなかったのである。

少しもったいをつけた展開か、アニメというオタク的世界か、
ちょっともてないけれど実は素敵な人だったりという夢見がち
トラップか。罠はたくさん張りめぐらされていて、いちいち
引っかかった気がしてしょうがない。

手法はラノベに近いものを感じる。
本人は自覚していないくせに、息をのむほどの美人やモテ男
が登場するのは辻村作品の特徴の一つだと思う。
そんなスーパーレディが、自分でも気がつかないまま神がかり
的な仕事をしてしまうなどどいう、都合のよさ全開の展開は、
やっぱりラノベ的世界観だよなあと思ってしまう。
まんまとしてやられているけれど。

新作アニメを送り出す監督・プロデューサー・原画担当など、
制作側の視点で主人公をリレーしながら連作短編を
紡いでいる。
格好いい決めセリフや創作の心意気などは、自らの小説を
書く視点が存分に入っているのだろう。

アニメは見た人のもの。
小説だって、読んだ人が心のなかで世界を作り上げるのは
同じことだ。表現方法が違うだけで。

そんな共感点がいっぱいの一冊だった。
もちろん子どもの頃に見たアニメが忘れられないというのも
あるけどね。大人も楽しめるアニメ作品というのは現実に
存在していて、それを垣間見せてもらった。
ちくしょう、作中作のアニメ、二本ともがっつり見たいぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/05/30 14:14

オススメです!

投稿者:おっきいにゃんこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今までの辻村さんの小説とは少し違った印象を受けるかたもいると思いますが、オススメです。

昔見ていたアニメが思っていたよりたくさんの人の手によってつくられ、放送されていることを初めて知りました。
大変でも自分の好きな仕事をやりたいと思える一冊です。

それと個人的には私の大好きな作家さん小説に大好きな漫画家さんの表紙というのコラボがもう最高です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

390 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

アニメ化希望。ちくしょう、はまっちまった。

2017/01/22 13:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

辻村深月さんを読むのは三作目である。
いずれも直木賞受賞後の作品だが、見事に雰囲気が違う。
多作な方なので、いろいろなところに目がくるくると動いている
のかもしれない。もう少し初期の作品を読まないと、辻村さん
らしさを掴めないのかもと思った。

それはさておいて。この作品にははまった。
いつも行き帰りの電車と昼休みが読書タイムなのだが、
帰宅後の時間や、出社直後の朝礼前の時間までつぎ込んで
しまった。続きが気になってしょうがなかったのである。

少しもったいをつけた展開か、アニメというオタク的世界か、
ちょっともてないけれど実は素敵な人だったりという夢見がち
トラップか。罠はたくさん張りめぐらされていて、いちいち
引っかかった気がしてしょうがない。

手法はラノベに近いものを感じる。
本人は自覚していないくせに、息をのむほどの美人やモテ男
が登場するのは辻村作品の特徴の一つだと思う。
そんなスーパーレディが、自分でも気がつかないまま神がかり
的な仕事をしてしまうなどどいう、都合のよさ全開の展開は、
やっぱりラノベ的世界観だよなあと思ってしまう。
まんまとしてやられているけれど。

新作アニメを送り出す監督・プロデューサー・原画担当など、
制作側の視点で主人公をリレーしながら連作短編を
紡いでいる。
格好いい決めセリフや創作の心意気などは、自らの小説を
書く視点が存分に入っているのだろう。

アニメは見た人のもの。
小説だって、読んだ人が心のなかで世界を作り上げるのは
同じことだ。表現方法が違うだけで。

そんな共感点がいっぱいの一冊だった。
もちろん子どもの頃に見たアニメが忘れられないというのも
あるけどね。大人も楽しめるアニメ作品というのは現実に
存在していて、それを垣間見せてもらった。
ちくしょう、作中作のアニメ、二本ともがっつり見たいぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やっぱり辻村さん大好き!!

2017/12/24 02:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hirok - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメを愛する人達の情熱を感じることができました。やっぱり辻村さん大好き!!秋クールのアニメが始まったこの時期に読めてよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハケンアニメ!

2015/08/30 23:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Carmilla - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメ業界を舞台にした、辻村深月初の「お仕事小説」である。
タイトルの「ハケン」は「派遣」ではなく「覇権」、つまりそのクール(1クール=3ヶ月)で一番視聴率がよかったアニメ番組のことを指す業界用語である。制作プロデューサー、監督、アニメーターの視点からなる話で構成されるこの小説は、随所に「アニメ愛」が溢れている。この作品には、他業界では多数出てくる「野心満々」」でギラギラした人物はほとんど出てこないし、表面上は「ギラギラ」していても、いざ付き合ってみれば性格がいい人ばかりである。裏を返せばこの業界は、エゴイストで根性の悪い人間ではやっていけないということである。また、空前の「アニメブーム」の中「アニメで町おこし」と考える自治体も多いが、「聖地巡礼」に対する地元住民の視線は、かなり冷ややかである事がわかる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

情熱と苦闘

2016/12/31 18:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

作り手のまっすぐなアニメ愛が眩しく思えた。愛と熱意が必ずしも報われるわけじゃない。無理解に折れそうな一瞬だってある。皆 折れそうになってもしなやかに受け止める強さを持っていた。作中 登場したアニメ 全部観たい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お仕事小説

2016/04/21 23:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saya - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメ業界のお仕事のお話。恋愛も少々。あつく仕事に打ち込むところが良かったです。王子千晴と有科香屋子の関係が好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

オススメです!

2015/05/30 14:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おっきいにゃんこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今までの辻村さんの小説とは少し違った印象を受けるかたもいると思いますが、オススメです。

昔見ていたアニメが思っていたよりたくさんの人の手によってつくられ、放送されていることを初めて知りました。
大変でも自分の好きな仕事をやりたいと思える一冊です。

それと個人的には私の大好きな作家さん小説に大好きな漫画家さんの表紙というのコラボがもう最高です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/17 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/23 12:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/08 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/30 18:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/25 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/31 08:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/29 20:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/26 13:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/13 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

390 件中 1 件~ 15 件を表示