サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

とりあたまJAPAN(新潮文庫)

とりあたまJAPAN みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

7 件中 1 件~ 7 件を表示

2014/07/29 11:26

投稿元:ブクログ

乱れ飛ぶ放送禁止用語、サイバラファミリー勢揃い。漫画とインテリジェンスで世相を切る『週刊新潮の無法地帯』書籍化第二弾です。漫画で笑って文章にうなづく。一冊で二度おいしく味わえるものであります。

佐藤優、西原理恵子のユニット『大阪あたりのだれた夫婦』による週刊新潮の連載をまとめた第2巻になります。週刊新潮に掲載されていたときから読んでいて、改めてここに収録したものを再読させていただくと、このページにいたっては『タブー』というものはほぼないんだな、ということが改めて理解できました。

乱れ飛ぶ放送禁止用語、佐藤氏によるロシアを中心とした鋭い分析。それに負けず劣らず強烈なインパクトを突きつけるサイバラの漫画。これは編集者サイドから週に一回あるテーマを言い渡され、佐藤、西原の両陣営がお互いまったく打ち合わせをしないで出たとこ勝負で書いたものをあわせているのだと。だからこそこのケミストリーが生まれるのだなと改めて感じてしまいました。

ここでは主に2010年~2012年の最初までの世相が収録されておりまして、地震、原発、TPP…。2011年のニュースといえばやはり東日本大震災とその後の世相が記されている箇所を読んでいると、ありありと当時の様子が頭に浮かんできて、『日はいつか昇る』そう思わなければやっていられないだろう。そんな憂鬱さを笑い飛ばすためにもこういうものを読んでいただけたらな、と思っております。

2014/08/09 15:07

投稿元:ブクログ

元外務官僚による大所高所からの時事批評☓描きたい放題のサイバラ漫画のコラボ連載、文庫化第2弾。2010年秋から2012年年頭までなので、東日本大震災にまつわるあれこれをふりかえることにもなる。
世界は帝国主義化しつつあると喝破し国益第一にずばっと断言する男の文章と、政治や外交の込み入った話題はお手上げで男女に関しては過激だけれど普通の日常を守ることに関しては極めてまじめな女の漫画という、まったく違う視点をつねにクロスさせて考えさせてくれるのはけっこういい仕掛けだと思う。

2015/05/15 08:56

投稿元:ブクログ

2010-2011、週刊新潮の時事エッセイ&コミック。改正臓器移植法、COP10、石原都知事、斎藤佑樹、小学校英語必修化、大地震、計画停電、スマホ、なでしこ、オリンパス、、

そういえばそんなニュースあったなって。文庫本のためコミックの文字が小さすぎて、雰囲気しか読み取れなかったのが残念でした。虫眼鏡使うのが面倒で。

2016/12/21 12:49

投稿元:ブクログ

大好きな両名の共著です。
以前買って読み終わってたと思いますがレビュー書いてなかったので再読。

時事ネタをコラム方式で書き続けるのは面白いと思います。
次も買おうかなd(^_^o)

2014/09/14 13:41

投稿元:ブクログ

途中で投げ出したくなるぐらい面白くなかった。
まず、佐藤氏の文章が何を言いたいのか全くわからない。サイバラ氏の漫画も、無理矢理ひねり出している感がアリアリで、毒もユーモアも何もない。
サイバラ氏のファンだったので、とりあえず漫画だけは読もうと最後までがんばったわたしよいこ。

2015/08/23 21:21

投稿元:ブクログ

佐藤優に西原先生、どちらも好きでよく読むけれど、二人が組になると??。同じ題材をお二人バラバラの視点で作っているので、まあぞれぞれ楽しめばよいという事で。しかしこのバラバラ感の中でも、お二人の根底に流れるものは不思議となんだか似通っている気が…。

2016/11/02 07:15

投稿元:ブクログ

「k-pop」
韓国のアイドルは背が高く生まれて全身整形して学歴もつけ歌と踊りが上手じゃないとなれないそうな。それが本当なら岩井しまんこじゃないけど日本のアイドルはハードル低いな。若くて普通より可愛きゃいいんだから。
「ノーベル平和賞」
ガンジーがノーベル平和賞をもらってないと初めて知った…
「できちゃった婚」
この言葉ができたせいで、妊娠すれば結婚出来ると思っている女もいるようだが、実際にはなんだかんだとイチャモンつけられて極貧シングルマザーになる場合も少なくないのが現実。子どもドコドコポンポン産んだら帰って来いや〜な西原家みたいな家でもない限り結婚するまでヤらせないほうが得策。
「なでしこジャパン」
何の本で読んだか忘れたけど、なでしこジャパンという名前は選手らが自らつけた名前ではないらしい…というのを思い出した。
「年の差婚」
西原の言うように女の方が悪く言われるのはなんでだっ。女の方が年上なら籠絡したと言われ女の方が年下なら金目当てと言われる。個人的にはオススメできない年の差婚。私の周りだけかもしれないけど芸能界はともかく、一般社会では年の差カップルはいても年の差夫婦はほとんどいない。おそらく結婚には結びつかない何かがあるんでしょうね。いても女がアラフォーに近づくと別れるのばっか。

7 件中 1 件~ 7 件を表示