サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

高木貞治とその時代 西欧近代の数学と日本

高木貞治とその時代 西欧近代の数学と日本 みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/08/31 00:14

投稿元:ブクログ

著者の前著,岩波新書「高木貞治」から派生した本.題名が示す通り,幕末から明治の日本の西洋数学の受容とそれに関わった人々の話が中心である.取り上げられている人のうち主なものをあげれば,菊池大麓,藤澤利喜太郎,高木貞治,関口開,河合十太郎,西田幾多郎,藤森良蔵など.
前著も新書とは思えないほど専門的だったと思うが,この本の方がさらに専門的.そして厚い.日本の数学史や高等教育の歴史に興味のある人向け.

1 件中 1 件~ 1 件を表示