サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/07/10 09:23

投稿元:ブクログ

さらに遡るのか、、、

白水社のPR
「『テヘランでロリータを読む』著者の回想録
政治家の両親のもとに生まれた少女の生活が、平穏だったことはなかった。「毒親」との確執と、家族を、一族を飲み込んでいく政界の陰謀やイスラーム革命の粛清の嵐…。生の回想録。」

2014/11/09 20:49

投稿元:ブクログ

日本経済新聞社


小サイズに変更

中サイズに変更

大サイズに変更

印刷


語れなかった物語 アーザル・ナフィーシー著 沈黙にひそむ母娘の愛憎の記憶
2014/11/9付日本経済新聞 朝刊

 本書は、世界的ベストセラー『テヘランでロリータを読む』の著者が、自身の幼年時代から、イラン革命後、祖国を去り、国に残してきた両親が亡くなるまでの半世紀にわたる家族の物語を綴(つづ)ったもの。それは、シャー(国王)のもとで西洋的近代化を推進したイランが、革命によって王制が打倒され、イラン・イスラーム共和国が成立するという波乱の時代に相当する。







 だが、家族の物語を通して、激動のイラン現代史を描き出すのが本書の眼目ではない。作品には一家と関係するさまざまな人物が登場し、さまざまなエピソードが織りこまれているが、英語版の副題に「(ある放蕩(ほうとう)娘の)回想」とあるように、本書の真髄(しんずい)は、「娘」が回想する母親の物語であり、理不尽な暴君である母とその犠牲となった娘の物語である。


 母ネズハトは、幼い頃、母親を(おそらくは自殺によって)亡くし、最初の夫は、彼女に不治の病であることを告げぬまま結婚し、一年後に他界。これらの出来事が母の心に癒しがたい傷を与え――と娘は推し量るのだが、母は決して真実を語らない――、理不尽な現実に復讐(ふくしゅう)するかのように、母は自分が信じたい物語で現実を塗り固め、夫(著者の父)や娘をその理不尽さで不幸にする。家庭的愛に恵まれず、女であるがゆえに医師になる夢を叶(かな)えられなかった母は、自分が叶わなかったことすべてを娘に与えようとし、同時に、自分が奪われたものをふんだんに与えられる娘に嫉妬する。


 母親の愛に恵まれなかった著者は幼い時から、文学を愛する父親にイラン古典文学の薫陶を受け、想像力の世界で人間は自由を得ることを学ぶ。前著『テヘランで~』は、イスラーム共和国の抑圧的体制が人間に課す理不尽に対し、文学を読むことで抵抗する物語だったが、文学的想像力が人間を自由にするという信念を著者に培ったのは、母ネズハトの理不尽であったのだ。


 母親は「真実」を明かすことなく世を去る。実母の死や最初の夫について母が真実を語ってくれれば、このようでしかありえなかった母を許し、母娘の関係はもっと違ったものになっていたのだろうか。原題は「私が沈黙してきたこと」。それは、自分が望まぬことは断固、拒否することを貫いた母の生を象徴する沈黙をも意味していよう。思えば、母も母なりのやり方で、物語を想像することで、理不尽な現実に抵抗していたのだとも言える。本書は、自分を今ある自分にしてくれた母親に、著者が捧(ささ)げるオマージュである。




原題=THINGS I’VE BEEN SILENT ABOUT


(矢倉尚子訳、白水社・3200円)


▼著者はイラン生まれ。97年米国移住。ジョンズ・ホプキンス大教授。




《評》京都大学教授 岡 真理


このページを閉じる



NIKKEI Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

本サービスに関する知的財産権その他一切の権利は、日本経済新聞社またはその情報提供者に帰属します。また、本サービスに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

2 件中 1 件~ 2 件を表示